ダイヤのA act2 151話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月9日発売日の少年マガジン2019年6号の最新話!
ダイヤのA act2【第151話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

ダイヤのA act2 150話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
ダイヤのA act2 150話 最新話のネタバレと感想!ナベチェック



ダイヤのA act2 151話のネタバレ

青道高校の攻撃の番、1番倉持と2番春市のお陰で1点を返す。
続く白州は内野ゴロになるが、その間春市が二塁へと進む。
ここで4番御幸がバッターボックスへと立つも敬遠されてしまう。
だが、これで一、三塁に各々が進む。
青道のパワーヒッターは何も御幸だけじゃない。
力ならば前園健太ことゾノも負けていない。

対して由良総合はベンチから投手北方へと伝令を送る。

これには観客も驚く。
試合はまだ序盤ではあるにも関わらず両校が伝令を送った。
それほどに重要な局面だということである。

ゾノは気合を入れてバッターボックスへと立つ。
1球目はアウトコースいっぱいに縦のカーブが決まる。
2級目、御幸が走る中、またも決まるカーブ。
あっという間に追い込まれてしまい、ゾノの頭の中では次に何がくるのかと考えていた。
そして勝負の3級目もカーブであり、タイミングを外されながらも何とかバットへと当てる。
その打球はセカンドの真正面であり、難なく取られてしまう。

由良総合の北方はゾノを打ち取ったことで雄たけびをあげる。
これには監督、榊も満足気に見つめる。
榊監督はベンチから北方に良いコースに投げれているからこそ正面に飛ぶのであって、臆することはないとエールを贈る。

由良総合のチームは皆が声を出し合い、雰囲気が良い。
それに後押しされるように北方も奮闘する。
青道の5番東条をレフトフライに打ち取り、スリーアウトチェンジとなる。
初回のピンチを何とか失点を1で抑えるのだった。

榊監督は自分の指示に必死に応えてくれる選手達に「よくしのいだな!」と褒める。
榊監督の周りにいる選手達は皆が笑顔であり、それは青道の野球と通じる物があった。

しかし、勝負は始まったばかりであり、青道も諦めたわけではない。
片岡監督は選手達に「攻めた結果であり切り替えろ」とフォローの言葉を贈りマウンドへ送り出す。
そしてエースたる沢村へ「頼むぞ」と拳を突き出す。
それは監督だけではなく、選手全員も同じ気持ちだ。
熱い想いを受けた沢村は自らの拳で胸を叩きマウンドへ向かうのだった。



ダイヤのA act2 151話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

追加点を取れなかった青道ですが、これは青道が悪いというわけではなく、由良総合を褒めるべきでしょう。
片岡監督の選手時代から監督をしていた榊監督は、やはり名将であるのだと思います。
そして片岡監督と榊監督は指導方法も似ているのかもしれません。
監督と選手達のやり取りや、彼らの距離感というか雰囲気は、確かに片岡監督と沢村達のソレと似ているように感じました。
強敵を前に、沢村はいつものピッチングができるでしょうか。
次回、2回表、沢村のピッチングに期待したいと思います。

ダイヤのA act2のネタバレ一覧

ダイヤのA act2のネタバレをこちらにまとめてあります。
ダイヤのA act2の最新話ネタバレ一覧!