七つの大罪 295話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月9日発売日の少年マガジン2019年6号の最新話!
七つの大罪【第295話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

七つの大罪 294話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
七つの大罪 294話 最新話のネタバレと感想!【希望と渇望と絶望】



七つの大罪 295話のネタバレ

絶対絶命のエスカノールとマーリンを救うのはキングが放った霊槍シャスティフォルだった。
キングがいないにも関わらず、飛んできたことに驚くエスカノール。
対してマーリンは、遠隔操作でこれほどに強力な攻撃を撃てるようになったキングの成長を褒める。

キングは遠隔操作で予想以上に魔力を消費することに短期決戦しかないと考える。
原初の魔神を盾ごと両断するべく、霊槍に魔力を込めるが、そう易々とはいかず、逆に輪切りにされてしまう。
だが、霊槍はその程度で破壊されるわけがない。
第4形態「光華(サンフラワー)」を取り、強力な光線を浴びせるが、その結果に驚くキング。

サンフラワーの強力な攻撃はゼルドリスに無効化されてしまっていた。
キングとゼルドリスの壮絶な戦いが始まろうとしていた。

その頃、ヘンドリクセンとギルサンダー達は未だ逃げてはいなかった。
ヘンドリクセンはギルサンダーに逃げろと言うが、マーガレットを置いてはいけないと拒否する。
マーガレットに乗り移ったリュドシエルはマエルが生きていたことを知り、酷く動揺していた。

ヘンドリクセンはこの時を狙っていた。
彼は“浄化”をリュドシエルへと放ち、マーガレットの体から分離させる。
もっとも、それが成功したのは、リュドシエルがここまで衰弱したからであり、下手打てば防がれていただろう。
マーガレットが戻った今こそ、再度逃げろとギルサンダーに伝える。
これが父としてできることの全てだった。
ヘンドリクセンは目覚めたリュドシエルに自らの体を明け渡すのだった。

キングとゼルドリスの戦いが激化する中、エリザベスやディアンヌが自分達の前方を行く何かの気配に感づく。
マエルはゼルドリスの思惑に気付く。
ゼルドリスの思惑はエスタロッサが戒禁を手当たり次第回収し、その後自滅するだった。
エスタロッサが消えれば、当然、彼が回収した戒禁は5つの戒禁を持つメリオダスへと向かう。

今前方から感じる気配はエスタロッサが回収していた4つの戒禁だった。

このままではメリオダスが魔神王へとなってしまうことに焦るエリザベス。

その時マーリンの懐に眠るメラスキュラの戒禁が共鳴するようにメリオダスへと向かう。
これで全ての戒禁がメリオダスの元に揃ってしまうのだった。



七つの大罪 295話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

キングの進化は本当に劇的ですね。
あれほど苦戦していたゼルドリスと互角以上の戦いができるまでになりました。
今のキングはエスカノール以上の力を持っているように感じますが、実際どうなのでしょうか。
ですが、ここでメリオダスが魔神王となり1段も2段も上の力を持ってしまうと、誰も勝てないほどの力量差になる気がします。
そして現実に戒禁が10個揃ってしまった訳ですが、エリザベスに打つ手はあるのでしょうか。
次回、闇に染まりしメリオダスが魔神王として復活する!?

七つの大罪のネタバレ一覧

七つの大罪のネタバレをこちらにまとめてあります。
七つの大罪の最新話ネタバレ一覧!