アクタージュ 48話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月7日発売日の少年ジャンプ2019年6・7号の最新話!
アクタージュ【第48話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

アクタージュ 47話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
アクタージュ 47話 最新話のネタバレと感想!



アクタージュ 48話のネタバレ

初日の舞台は巌裕次郎の死というアクシデントに見舞われた。
それでも観客の心を演技で取り戻し、主役たる阿良也と夜凪の卓越した表現力で虜にした。
そして残すは阿良也が演じるジョバンニとと夜凪が演じるカムパネルラの一幕のみとなる。

阿良也はカムパネルラとの一幕を巌裕次郎とのやりとりを思い出し演じる。

舞台裏にいる七生は他の劇団員の中で唯一、その想いを感じていた。
だからこそ、巌裕次郎の死に改めて涙する。

舞台では阿良也が白熱した演技を見せる。
カムパネルラへと手を伸ばそうとする。
しかし、カムパネルラはそれを避けるように立ち上がり、ジョバンニに「もう行かなくちゃ」と告げる。

彼らの芝居がたまらなく涙を誘うのは、ジョバンニが本当はカムパネルラの死に気付いているのに、目を背けるという醜い人間らしさに共感するからである。

シナリオはこのままカムパネルラが立ち去り、元の世界に戻ったジョバンニはカムパネルラの死を知らされ、そこで終幕となる。

その大詰めの途中に、阿良也は巌裕次郎の幻影をカムパネルラに見る。
この死から目を背けている行為が、演技なのか現実なのか分からなくなり、芝居をやめてしまう。

だからこそ阿良也は気付く。
ジャバンニがカムパネルラの死から目を背けていたように、現実の自分も巌裕次郎に徐々に訪れる死から目を背けていたのだ。
だけど本当は巌裕次郎が弱っていることに気付いていた。
日に日に小さくなる身体を見ても老いだと思いきかせ、夜凪の嘘にも気付かないふりをした。

以前にこんなことを言った。
「意外に人間って自分の気持ちすら自分で分かってなかったりするでしょ」
今ならあの言葉は自分自身を指しているのだと分かる。

その時、カムパネルラの「さようなら」という言葉で我に返る。
芝居としてそのまま見送って終わりのはずだが、阿良也の瞳には巌裕次郎の背中が映り許せなかった。

(僕は…俺は…本当の“別れ”というものを知らなかったんだ)

「いやだ」
咄嗟に腕を掴む阿良也だった。



アクタージュ 48話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

前回の阿良也の演技は凄いと思いましたが、今回はそうは思えませんでしたね。
多分、これを舞台の観客席から見ていたら、きっとただ凄いと感じたでしょう。
ですが、これはマンガであり、阿良也の心情が分かってしまいます。

舞台とは役を本人と見間違うほどに演じるから凄いのであって、阿良也のは演技とは最早呼べません。
あれはただの本音です。
その上で思うことは、哀れとしか言えません。

人は人の死を真剣に悲しんでこそ前に進めるものだと私は思います。
逃げたいけど逃げれない、だから目を背けてしまう。
それでは亡くなった人に失礼ではないでしょうか。
とまあ、そんなことを言っても、私自身未だに背け続けていますけどね。

それでは、次回でお会いしましょう。

アクタージュのネタバレ一覧

アクタージュのネタバレをこちらにまとめてあります。
アクタージュの最新話ネタバレ一覧!