ワンピース 929話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月7日発売日の少年ジャンプ2019年6・7号の最新話!
ワンピース【第929話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

ワンピース 928話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
ワンピース 928話 最新話のネタバレと感想!花魁小紫登場!



ワンピース 929話のネタバレ

ワノ国「花の都」
花魁を見るために仕事をサボったフランキーは親方、港友から説教を受けるも、べっぴんな花魁を見れて嬉しそうだった。
フランキーが大工仕事をしているのには訳がある。
それはここの親方、港友がとある地図を持っているからであり、それこそがフランキーの求める鬼ヶ島の屋敷図だった。
しかし、港友はそれを10年も前に質に入れたとお茶目に話す。
瞬間フランキーは怒髪天を衝くほどに怒り、場は壮絶な喧嘩へと発展する。

その後、フランキーは質屋を始めとし、地図の行方を追うが最終的に「九里」にあることを突き止めるがそれ以上は追えなかった。
そこで九里にいる錦えもんに連絡を入れる。
どうやら錦えもんは地図を持っている人物に心当たりがあるようだった。

ワノ国「希美」
その頃、ゾロは太鼓持ちのトの康とともに「花の都」を目指し、その手前の「えびす町」まで来ていた。
彼とは道中の宿場町で出会った。
その時、狂死郎の手下難なく倒すゾロに惚れたようだ。
もっとも、元々ゾロは極度の方向音痴であり、土地勘のある人物のお陰でここまで来れたと言っても間違いない。

オロチ城
場面は変わり、花の都にあるオロチ城では将軍オロチがCP-0達と話をしていた。
世界政府はワノ国より武器を購入していたが、仲買人のドフラミンゴがいなくなったことで、直接交渉へと出向いていた。
ただし、オロチからすれば世界政府と取引する必要はなく、更にカイドウという後ろ盾がある以上、世界政府を恐れる必要もない。
だからこそ、無理難題をふっかける。
今回の取引では戦艦を貰い、次はDr.ベガバンクをよこせと言うのだった。

同じ頃、「花の都」では飛六砲の中でも最強と呼ばれるドレークとページワンの到来に住民が悲鳴をあげて逃げ惑っていた。
飛六砲の目的はサンジであり、狂死郎の手下を倒したことへの報復、見せしめに現れたのだ。
ローはサンジに姿を隠せと告げる。
それは勝てる勝てないの問題ではなく、飛六砲の中に面識のあるホーキンスが混じっていたからだった。

ホーキンスはある男を追ってきたと語るが、ある男とは一体誰のことなのか、戦闘の気配が漂う花の都だった。



ワンピース 929話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

今回はネタバレというか、どこか箇条書きのようになってしまいました。
それぞれの人物の現状が短く書かれており、要約するとこんな感じでした。
その中で気になった点も色々とありますが、特に気になるのは、やはりオロチですね。
今回でやっと将軍オロチが登場しましたが、かなり弱そうです。
ただ怒るとヤマタノオロチのように何本も龍の首が出ますので、やはり悪魔の実の能力者かもしれません。
そうなると見た目とは裏腹に一筋縄ではいかないという予想もあります。
もうすぐ、実力の一端が見れそうなので目が離せませんね。
それでは、次回でお会いしましょう!

ワンピースのネタバレ一覧

ワンピースのネタバレをこちらにまとめてあります。
ワンピースの最新話ネタバレ一覧!