ジャンク・ランク・ファミリー 44話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月8日発売日のヤングチャンピオン2019年3号の最新話!
ジャンク・ランク・ファミリー【第44話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

ジャンク・ランク・ファミリー 43話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
ジャンク・ランク・ファミリー 43話 最新話のネタバレと感想!静かに着々と何かが動き出している!ダブルアロー兄弟へ終焉の時が訪れる!?



ジャンク・ランク・ファミリー 44話のネタバレ

非道集団ソルビーストはサバスとバド・ボスコスが手を組んだとは知りも知らず、暢気に狩りに勤しむ。
その様子をバド・ボスコスのメンバーは息を殺して監視していた。

タイミングよくソルビーストの三人組の内、一人が別行動を取る。
このチャンスにジュードが動く。
背後から忍び寄り、当身で気絶させると、マスクや武器を外し、身体は森へと運ぶ。
現場に残されたマスクと武器に事前に用意しておいた豚の血をかけ、録音した悲鳴の声を再生する。
狙い通りかけつけたソルビーストは黒目に襲われたのだと勘違いし、慌てて引き上げるのだった。
気絶した男の名前はゴゴというらしいが、彼からソルビーストの内情を全て聞き出すつもりのバド・ボスコスの面々だった。

その頃、ドドスのアジトでは黒目化してしまった弟、アローを前に兄、ダブルが沈痛な面持ちを浮かべていた。
ドドスの頭であるピアスがダブルに代わり介抱すると告げるが、その役目は兄、ダブルにこそある。
彼ら兄弟はどちらかが感染してしまったときは、必ずトドメを刺す約束をしていた。
ダブルは弟へ今生の別れを告げ、ナイフを振り下ろすのだった。

再度場面は変わり、アジトに戻ったジャンク・ランク・ファミリーへと移る。
彼らはいつも通り、鳥の丸焼きを肴に楽しそうに晩酌をしていた。
しかし、その中でピピとポポの二人だけはそうではなかった。

徐に頭たるシャチに本当にこのままでいいのかと問う。
確かにこの荒廃した世界で、見ず知らずのサバスを助ける意味などない。
それよりもファミリーの安全を守るほうが重要だ。

それでも二人は手を引いたことに納得できなかった。
いつもは率先して切り捨てる彼らの言葉に、ファミリーの全員が笑い出す。

自分達がらしくないことを言っているのは本人達も分かっている。
だが、彼らの脳裏には一人の人物が浮かんでいた。
きっとルカなら真っ先に助けようと言っているだろう。
ルカの正義感がピピとポポに割り切れない思いを抱かせる。

そして、シャチも同じだった。
「ルカに笑われるようじゃーオレらもしまいだよな!」
ジャンク・ランク・ファミリーもサバスを助けると決めたのだった。



ジャンク・ランク・ファミリー 44話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

今回は結構ショッキングな内容が多かったですね。
特に弟にトドメを刺したダブルのことを思うとやりきれませんね。
それと前回も少し考察しましたが、今回の章は様々な陣営が登場する中で、互いに協力しソルビーストを倒すのがメインのシナリオに感じます。
一抜けしたジャンク・ランク・ファミリーがどう関わってくるのか期待しておりましたが、まさかルカの存在がその決めてになるとは思っておりませんでした。
ジャンク・ランク・ファミリーが合流するとなると物語は一気に動き出しますので、目が離せません。
次回も楽しみにしております。

ジャンク・ランク・ファミリーのネタバレ一覧

ジャンク・ランク・ファミリーのネタバレをこちらにまとめてあります。
ジャンク・ランク・ファミリーの最新話ネタバレ一覧!