クズ!!アナザークローズ 146話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月8日発売日のヤングチャンピオン2019年3号の最新話!
クズ!!アナザークローズ【第146話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

クズ!!アナザークローズ 145話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
クズ!!アナザークローズ 145話 最新話のネタバレと感想!南帝組との抗争に向けて一致団結するはずが!千侍會の崩壊が今始まる!?



クズ!!アナザークローズ 146話のネタバレ

暴力団「千侍會」の現組長であり、前組長を自らの手にかけた林馬は黒塗りの高級車に乗り何処かへ向かっていた。
路地裏に入ったところで、前方に白いバンが停まる。
道を塞がれ、運転手が怒鳴り散らすも一向に退かない。

その時、背後から一台のスクーター近づいてくる。
林馬の車と横並びになった瞬間、手に拳銃を持ち発砲する。

唐突な攻撃に面食らうが林馬は、部下の制止をふりきり、鉄板を入れた鞄を持ち出す。
近づいてくる拳銃を思った男へ、勢いよく扉を開ける。
体勢の崩れたとこへ、ヘルメットをぶち抜く程の打撃をみまう。
だが、続々と現れる襲撃者達。
続く襲撃者には銃弾から身を守るように防弾使用の鞄をかがげ、体当たりを喰らわす。
コンクリートの壁に打ち付けられる男は、余りの威力に絶命していた。

襲撃を退けた林馬は、警察が到着する前に、襲撃者の身柄を拘束し何処かへ走り出す。
今日のこの場で襲われたということは、通るルートを知っていたということであり、それ即ち、味方に裏切り者がいる可能性が高かった。
林馬は口を割らせるつもりのようだ。

場所は変わり、とある倉庫。
そこには為清が居た。
為清は襲撃者がその道のプロ集団である“善住坊”だと告げる。
プロから依頼人を聞きだすというのは、容易なことではないが、為清は教えろと問いかける。
当然返ってくる答えは否定の言葉である。

そうなれば、ヤクザの、それも裏の仕事を一手に引き受けてきた為清の本領が発揮される。
そう、拷問だ。
為清は襲撃者の目だけ見えるようにすると、徐に注射器を取り出し、ゲームをしようと襲撃者へ語りかける。

どんなゲームなのかというと、為清は注射器を自分の腕に刺し、血液を抜き取る。
人間の血液は4種類あるが、異なる血液型の血液を注入した場合、拒絶反応が起こる。
それは地獄の苦しみであり、最後には呼吸困難で死亡する。

ゲームとは4分の1の確率で死ぬ、恐怖のロシアンルーレット。
嬉々とした様子で彼は襲撃者の腕に注射器を刺し、自らの血液を注入する。
その勝負の行方は…。

後日、とある漁港でとある人物の死体が発見されるのだった。



クズ!!アナザークローズ 146話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

ついに林馬へ明確な敵対者、それも恐らく身内と思われるが、現れました。
今のところ候補は多宇と前回右目を潰された桐山が考えられますが、どうなのでしょうか。
しかし、為清は本当にエグいですよ。
彼のヤクザに表も裏もないという言葉は、確かにその通りだと思いますが、それでも裏の仕事を一手に任されていただけはあるなと納得しちゃいました。
それほどの行為であり、それを笑いながらやるところが恐ろしいです。
それでは次回まで戦々恐々としながら待ちたいと思います。

クズ!!アナザークローズのネタバレ一覧

クズ!!アナザークローズのネタバレをこちらにまとめてあります。
クズ!!アナザークローズの最新話ネタバレ一覧!