闇金ウシジマくん 487話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月7日発売日のビッグコミックスピリッツ2019年6号の最新話!
闇金ウシジマくん【第487話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

闇金ウシジマくん 487話のネタバレ

二代目猪背組の滑皮の殺害を決意したウシジマは滑皮の行動を調べていた。
車内で部下であり中学からの付き合いである柄崎に語る。

滑皮は明後日19時までは本部事務所で当番であり決行を明後日と告げる。
柄崎はたった二人で組の事務所に突撃するのかと問うが、ウシジマは否定する。
事務所は監視カメラの死角がない要塞のような所であり、そんなところへ突撃しても蜂の巣になると説明し、狙うは帰宅時に滑皮が一人になる瞬間だと語り、決行までをホテルで休息することに決めた。

二日後、その間ラブホテルで過ごしていたウシジマ達。
食事はカップラーメンで済ませ、極力外出はしなかった。
今現在、自分達は絶体絶命の状況であり、いつここが襲われるとも知れない。
そんな中で、録に睡眠を取れないウシジマは極限状態だった。

空調の音や、唐突に蛇口から垂れる水滴の音などにすら、体がこわばる。
その様子を柄崎が心配する。
問題ないと答えるウシジマだが、柄崎は今の精神状態で滑皮を討てるのかと尋ねる。
そして続けるように、滑皮に土下座して許してもらい、滑皮の指示通りに豹道を殺せばいい。
自分達が使える人間だと理解すれば、自分達の代わりに誰かを出頭させてくれるかもしれないと語る。

しかし、ウシジマは反対する。
心が折れた時が本当の負けであり、何よりも滑皮の言いなりで生きることに意味などない。
自分の生き方は自分で決めると自らに言い聞かせるように言う。

それでも柄崎は信じられない。
自分達は負けた、いや、最初から負けていたんだと独白する。

誰に対してでもない言葉に否定するウシジマ。
決行は予定通りにすると告げ、少しの間仮眠を取るのだった。

だが、柄崎の心は晴れていない。
ウシジマが寝た後、ソファーに腰かけ両手を握りしめていた。
ウシジマが眠りから覚めると、そこには柄崎ではなく、見知らぬ二人がいた。
一人がベッドに土足であがり、手に拳銃を持つ。
銃口は横になるウシジマへと向けられていたのだった。



闇金ウシジマくん 487話を含む週刊ビッグコミックスピリッツを無料ですぐに読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で週刊ビッグコミックスピリッツを読めます!
この機会にチェックしてみてください。

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

漫画も読める動画見放題サイト【U-NEXT<ユーネクスト>】とは?




闇金ウシジマくん 487話の感想と考察

ホテルでいつ襲われるとも知れない状況で極限状態に陥るウシジマ。
私は当然、彼のように誰かを殺そうと思ったり、殺されそうになったことはありませんが、若いとき彼のように極限状態になったことはあります。
スポーツで体重を減らすためにかなり減量した中で、ウシジマと同じように何処からか水滴の音が聞こえたり、空調がめちゃくちゃ五月蝿く感じました。
私からしたらあの状態で一瞬の隙を狙っての殺害など到底できそうじゃないと思います。
そして起きたら拳銃を突きつけられているという絶望に、ウシジマがどう切り抜けるのか期待してお待ちしております。

闇金ウシジマくんのネタバレ一覧

闇金ウシジマくんのネタバレをこちらにまとめてあります。
闇金ウシジマくんの最新話ネタバレ一覧!