約束のネバーランド 118話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月7日発売日の少年ジャンプ2019年6・7号の最新話!
約束のネバーランド【第118話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

約束のネバーランド 117話のあらすじ




約束のネバーランド 118話のネタバレ

仲間達が待つ場所へと戻ってきたエマ達。
仲間たちはザジの異様な姿に怯え、ハヤトが必死にザジの前通せんぼをしていた。

奪ってきた薬も早速クリスに投薬され、予断は許さないが大分落ち着いた。
クリスの容態もあるが、鬼に襲われたエマを仲間達の多くが心配し、その言葉で出発を明日の朝とし、仮眠を取るエマだった。

それより2日後。
順路を順当に進んだ結果、エマ達一行の前に想像も付かない巨大な大木の森を前にしていた。
ハヤトとジンはこの森の中にアジトがあると告げる。
余りの巨大さと深さで、森というよりどこか渓谷のようにも感じる場所を歩きながら、レイは地面につけられた鬼の足跡を見ていた。

それこそこの場所においても野良鬼は居る。
とすれば、何百人もの人間が暮らすアジトが本当にあるのか疑う。

そうとは知りもしないハヤト達。
彼は一足先にボスに皆を連れて来たことを知らせる為に、一人一行から別れる。
去り際の尋常じゃない足の速さに、レイは誰かの姿を見るのだった。

そしてアジトへと到着する。
大木の森の中で木々と木々の間にあるくぼ地のような場所。
そこへ上空へと向かって、縦に伸びる町が作られていた。
どうやら元々は鬼の集落のようだ。

クリスを病院のような施設に預け、町の中をひたすら歩く。
町にはそれこそ、食料品、衣服、鍛冶職人、本、楽器類、様々な物を売る商店が立並ぶ。
そして、そこに住まう全ての住人が笑顔であり、自分達を快く迎え入れてくれる。

この光景にエマはここが本当にミネルヴァの楽園なんだと思い知る。
住民と話をしていると、ハヤトがボスから会いたい言っていると告げる。
エマ一人、ハヤトに連れられ、ミネルヴァの元へ向かう。

遠くない道中、エマはここまでのことを思い出す。
脱獄から今に至るまでの様々な困難にぶち当たるたびに、ミネルヴァが助けてくれたこと。
エマはミネルヴァが居て、初めて今の自分達があると思う。

いつの間にか部屋の前まで来ており、ハヤトがノックをする。
中から入る許可が出ると、徐に扉が開けられる。
開いた先にいる人物は、ハヤト下がらせエマにこの時を待ちわびたと伝える。

しかし、エマからの返答はない。
いや、一つだけ言えた。
無言で涙を流しながら「ノーマン」と呟くのだった。



約束のネバーランド 118話の感想と考察

遂にミネルヴァと対面したエマでしたが、本当にノーマンなのか気になるところです。
ですので今回はその正体の考察だけをします。
大きく分けて3つの可能性があると考えます。
1、ノーマン本人説
2、ノーマンの親族説
3、ミネルヴァ本人説
こんな所かと思いますが、どれがそうでも問題なさそうには思えますが、1のノーマン本人ならば、以前は確かに首筋にあった数字が消えていることが疑問になります。
2の親族というのは無難な選択に思えます。
実際レイの母親だって登場しているのだから、ノーマンの親族が出ても問題ないでしょう。
3が問題ですね。
彼をミネルヴァと仮定し、かつ親族という間柄じゃないとするならば、ノーマンとミネルヴァの関係性は一体何なのか、何故こんなにも瓜二つなのか、それが最大の謎となります。
他にも色々な予想があると思いますが、読者の皆様はどう思いますか?
次回の答え合わせまでじっくり考えておきましょう!

約束のネバーランドのネタバレ一覧

約束のネバーランドのネタバレをこちらにまとめてあります。
約束のネバーランドの最新話ネタバレ一覧!