ブラッククローバー 188話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月7日発売日の少年ジャンプ2019年6・7号の最新話!
ブラッククローバー【第188話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

ブラッククローバー 187話のあらすじ



ブラッククローバー 188話のネタバレ

無敵と思えるほどの強さを発揮するゴーシュの身体を使うドロワ。
ヘンリーは仲間を救うべく、危険な決意を胸に秘めていた。

ヘンリーという人物は通常の魔道士とは少し異なる。
魔道士の多くは魔力を用いて、己の身体を強化する。
彼は魔力を用いて、その生命を維持していた。

彼の肉体の全てが虚弱であり、魔力で維持しなければ生きれなかった。
そんな彼に与えられたのが“魔力吸収体質”
彼を彼の両親も、世界すらも受け入れなかった。
彼に与えられた物は魔力を蓄えることのできる、現黒の暴牛のアジトだけだった。
そこに今のメンバーが集まるまで、彼は生きてはいたが死んでいた。
彼の命は黒の暴牛のみんなが与えた物だった。

だからこそ、ヘンリーは思う。
自分はどうなっても構わないが、ゴーシュは必ず助け出す。

ヘンリーが自らの命をかけると覚悟した頃、アスタはマリーことエクラの拘束を解き、再度ドロワへと攻めようとしていた。

しかし、ドロワは既にブラックアスタという種を理解していた。
強力な魔力を追尾するという特徴を逆手に取り、頭上に巨大な鏡のクリスタルを出現させる。

アスタはドロワの思惑通り、ドロワではなく、ドロワの魔法に対して攻撃をしてしまい、そこへエクラのまたも瞳魔法で拘束されヘンリーの操縦する空飛ぶ暴牛号へと墜落する。

打つ手なしと思われる状況の中、ヘンリーは暴牛号からアスタ、グレイ、ゴードンを離脱させ、自身は玉砕覚悟の突撃をするが、途中で撃墜される。
空中へと放り出されるが、彼の本当の狙いはここだった。
アジトの外に出たことで、魔力吸収はその力の全てを解放する。
ドロワの魔力全てを吸収しようと考えていた。

もっとも、ドロワの魔力はそこまで少なくない。
撃墜されて死ぬのを覚悟するヘンリーだが、アスタは諦めない。

アスタの叫びがヘンリーにアスタと初めて出会った日のことを呼び起こす。
彼が初めてアスタに会った時、アスタは魔力を奪っていることなど気にしなくてもいいと言った上で、
いつか実際に皆と会いたいと告げるヘンリーに満面の笑みで「待ってます」と言った。
アスタの優しさがヘンリーに「生きたい」という思いを持たせる。

その思いに応えるは仲間達。
ゴードンも「一緒に生きよう」という言葉とともに、空へ広範囲に毒を発生させる。
そこへグレイが「誰一人仲間を失いたくない」という言葉とともに変身魔法で自分を剣へと変化させ、アスタに投げさせ、ヘンリーの側までくると魔法を解除し、新たに毒を綿へと変化させる。
そのままの勢いでヘンリーに体当たりをし、綿の沼へと無事着地を決めるヘンリーとグレイ。

最後はアスタが仲間達の想いを汲む。
回転するアスタは脅威の速度で、鏡ごとドロワとエクラを滅魔の剣で斬りつけるのだった。



ブラッククローバー 188話の感想と考察

ヘンリーの捨て身の覚悟で遂に剣を当てることに成功したアスタでした。
何話か続けて、ドロワ&エクラ戦をしていましたが、これで終了となりそうな感じですね。
これも当初から描かれていた通り、最後も仲間同士の連携で締めました。
ブラッククローバーの良い所というか趣旨は常に仲間と協力して何かを成すということだと改めて感じます。
正直、ドロワとエクラのコンビはかなり強すぎました。
もし、誰かが一人で戦っていたら瞬殺だったはずであり、この勝利は4人がいたからこそでした。
次回は現実世界に戻ったラックとマグナに移るのでしょうか…?
次回も楽しみにしております。

ブラッククローバーのネタバレ一覧

ブラッククローバーのネタバレをこちらにまとめてあります。
ブラッククローバーの最新話ネタバレ一覧!