AKECHI 14話 最新話のネタバレと感想!

AKECHI【第14話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

AKECHI 13話のあらすじ

AKECHI 14話のネタバレ

刑事笹森はすがる思いで、明智小五郎の元を訪れる。
事件の内容を聞いた彼は、犯人は蕗谷清一郎だと断定し、更には自供させると言い切った。

彼を犯人だと断定した根拠は「一匹の野良猫」だった。
この野良猫が明智の本屋の店内でおしっこをしてしまい、野良猫は一度した場所にまたすると聞き、全ての謎が解けたという。
明智の言葉は金森を含め誰一人理解できなかった。

そして明智は蕗谷と相対する。
蕗谷をとある喫茶店に呼び出し、真犯人は蕗谷清一郎だと突き付ける。
証拠はあるのかと問う蕗谷に対して、全くないと返す明智だが、簡単に自供させることはできると煽る。
蕗谷はそれこそ不可能だと言い切る。

ならばゲームで本当かどうか試してみようと誘う。
その方法は明智がランダムに単語を言い、それに関連する単語を蕗谷が返すだけであり、正解はないが、できるだけ早く単語を返してくれと告げる。

蕗谷はその意図が、単語への反応と返答時間にあると見る。
例えば関係ない単語の中に、事件を連想させる単語を急に言われれば、犯人なら動揺し、事件に無関係の単語を言おうとし返答に遅れるだろう。
しかし、今回の強盗事件のようにメディアによって事細かに情報が発信されている場合、犯人しか知らない情報など残っていない。
であれば、わざわざ無駄な思考をして無関係の単語を言う必要はない。
普通にしていれば絶対勝てるゲームだ。

そこまで考えた蕗谷はこのゲームを受けることにした。
ただし、その理由は明智というにやけた男の自信満々の様子と自らが行った完全犯罪解けたと言われたことでプライドが傷つけられたからだった。

ゲームは始まる。
「頭」「毛」、「水」「湯」、「絵」「北斎」、「病気」「風邪」
「満足」「完成」、「屏風」「六歌仙」、「山」「高い」
「上木鉢」「金」
ここで明智は一瞬止まってしまう。
「包丁」「台所」

ここまで続けたところで、蕗谷はやはり自供は無理であり時間の無駄だとやめてしまい、明智に再度名前を尋ねると去ろうとする。
その時お互いが同じ言葉を告げた。

「明智さん、あなたの敗けです」
「蕗谷さん、あなたの敗けです」
お互いが自身の勝利を確信していたのだった。

AKECHI 14話の感想と考察

やっと明智による犯人の追い込みと謎解き回がやってきました。
一応は何度も読み返しましたが、あのゲームで明智が一瞬止まったことが何を意味するのか、それと、あれだけのやり取りで何故、蕗谷が自供したことになるのか、何も分かりませんでしたね。
読者の皆様は明智の思惑、思考が分かったのでしょうか。
きっと私と同じように分からなかった方もいらっしゃることと思います。
そんな方は次回、明智先生に答えを教えてもらいましょう。

AKECHIのネタバレ一覧

AKECHIのネタバレ一覧をこちらにまとめてあります。
AKECHIの最新話ネタバレ一覧!