BUNGO ブンゴ 171話 最新話のネタバレと感想!

BUNGO 171話のネタバレ

関東大会三回戦、静央シニアVS上本牧シニア。
6回裏、静央は野田幸雄の活躍により先制点である1点を取る。
0対0という膠着を破り、静央が1点リードで最終回を迎える。

7回表、攻撃側の上本牧に対して守る静央。
ここで静央が0点で抑えれば、そこで勝ちが決まる中、静央の投手、石浜文吾がベンチにいる野田と視線を交わす。
お互いに言葉は交わさずとも想いをは伝わっていた。

バッターボックスには3番、井草が立つ。

(絶対に…ここで…決める!!)
野田と言葉なき対話をした文吾はその想いを胸に気迫を漲らせる。
集中しきった瞳はただ一点を見つめていた。

大きく腕を振りかぶり、胸を反る。
地を踏み抜くかのような踏み込みと同時に、腕を強く振るう。
放たれた球はミットへと突き刺さる。
見逃すことしかできない井草や上本牧の選手全員がその球威に驚愕する。

井草は手も足も出ないままツーストライクを取られ追い込まれる。
文吾の3球目、バッターの手元で浮き上がるような球が井草を空振りにさせる。
米村はあまりの球威に取り損ね、その隙に井草は走るがアウトとなる。

続くバッターは4番、諸星。
以前戦ったときより更に「巨大な敵」となって現れた文吾に恐怖する。

文吾の気迫のピッチングにあっという間にツーストライク。
現在進行形で投げるごとに増す速度と球威。
静央の監督野田は爆発的成長(エクスプロウシブグロウス)を確信する。

負けられない諸星の脳裏に立花由喜との会話が思い出される。
今より幼かった諸星は立花に、立花のようになりたいと言ったことがあった。
しかし、立花は応援するどころかくだらん憧れなど捨てろと言い放ち、面食らう諸星にこう続けた。
「自身に問え。自分が本当は何を求めているのか。お前はもっと利己的で全てを叶える事ができる器だ!!」

その言葉に今一度、自身に問いかける諸星。
彼が求めている物は「静央にリベンジをし、野田の悔しがる姿が見る」、「打者として立花を含めて誰にも負けたくない」というシンプルな2つだった。

自身の利己的な想いを理解した彼は吹っ切れる。
「有難え…またとない機会じゃねーか!ここでお前をぶっ殺せば全てが叶う!!」
アウトまで残りワンストライクという危機的状況に滾る諸星だった。

BUNGO 171話の感想と考察

勝敗が決まるというプレッシャーの中で自身の持てる力の限りに腕を振り、ボールを投げる文吾。
井草はおろか諸星すら寄せ付けない脅威のピッチングをみせました。
その背景にあるのは、痛めた腕でバットを気迫で振り、1点をもぎ取ったライバル野田の姿があるはずです。
文吾の性格からして、ここで燃えないわけがありません。
一度火がついた彼を果たして諸星は止めることができるのでしょうか。
次回、静央VS上本牧に決着の時が訪れるのでしょうか。

BUNGOのネタバレ一覧

BUNGOのネタバレ一覧をこちらにまとめてあります。

BUNGOの最新話ネタバレ一覧!