DAYS 276話 最新話のネタバレと感想!

DAYS 276話のあらすじ

選手権準々決勝、桜高対青函。
2対2のまま残り時間1分となる。

ピッチ中央で空高く跳ねるボール。
取り合うのは両校のキャプテン犬童と平。
いち早くポジションを取る平に対して、犬童はその背丈とジャンプ力で勝負する。
ボールは犬童へと渡る。

だが、平は着地間際を狙い足をだす。
犬童は持ち前のキープ力を発揮し、ボールを死守する。
互いが同程度の実力を有しており、ボールが取れない平は舌打ちをする。
その最中、犬童は笑っていた。

ベンチへと下がった鳴神はそんな楽しそうな犬童を見ながら、失意に苛まされていた。
犬童が最高のパスをくれたのに、ストライカーたる自分がシュートを打たず倒れてしまい
全てを台無しにしてしまったと酷く落ち込む。

「あれぐらいのパスで満足してんじゃねえ。この先もっとすげえの何度でも出してやる」
鳴神を犬童のような喋り方で犬童が言うだろう台詞で励ます夏だった。

犬童は自身へと青函の選手を集め、空いたスペースへとパスを出す。
左サイドでパスを受け取った芹沢は、すぐに反対の右サイドへと大きくパスを繋ぐ。

ゴール近くで受けとる亀山。
厳しいマークに晒される中で、仲間が呼ぶ声がする。
センタリングが来ると予想する青函を裏切るような、バックパスを出す。

呆気に取られる青函をよそに、走り込む如月。
青函の樋口は必死に走り、シュートを防ごうとスライディングをする。

しかし、青函の思惑はまたも外れる。
如月はシュートを打たない。

スルーしたボールに向かうのは犬童だった。
ここまで流れるようなプレーは何度も練習したものだった。

ボールへと迫る犬童を平が追いかける。
(ボールを持てばこいつは何でもできる)
犬童を高く評価している彼はファウル辞さない体当たりを見舞う。

倒されてしまう犬童。
彼は諦めない。
体勢が崩れたまま、足を振り切った。

ボールは弧を描き、キーパーの頭上を越えてゴールへと吸い込まれる。
犬童の高速のループシュートが逆転を決めたのだった。

DAYS 276話の感想と考察

劇的な逆転を決めた訳ですが、私には正直彼らのことがわかりません。
鳴神のシュートで勝てたはずの場面で彼は打てなかった。
あの時、桜高の全員が勝ったと思った筈です。
そうならない現実に普通なら気持ちが切れます。
しかし、諦めない桜高の選手達。
残り1分という極限の中で、笑える犬童。
そして犬童のスーパーシュート。
あれは意地か執念か、はたまた落ち込む鳴神へのエールなのか。
何もかもが凄すぎて理解し難いです。
ですが、これこそサッカーなのだろうとも思いました。

DAYSのネタバレ一覧

DAYSのネタバレ一覧をこちらにまとめてあります。
DAYSの最新話ネタバレ一覧!