鬼滅の刃140話 最新話のネタバレと感想!

鬼滅の刃139話のあらすじ

鬼滅の刃140話のネタバレ

足元に開いた空間へ落ちていく竈門炭治郎。
そこは上下左右に部屋がある異様な空間。
落ち行く炭治郎は珠世がいつまで無惨を押さえ込めるか分からないと考え、一刻も早く鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)の元へ行かなければと考えていた。

かなり長い間、落下を続ける炭次郎だったが、底が見えた辺りで突然何かに背中を捕まれ軌道が変わる。
それは同じ穴へと落ちた水柱、冨岡 義勇だった。
もっともそのお陰で底へと叩きつけられ死ぬという未来を回避できた炭治郎は義勇に礼を述べる。
しかし、短治郎の背後から鬼が迫っていた。
一瞬で振り向きながら剣を振るう炭治郎に義勇の鋭く呼ぶ声が耳に入る。
目の前の襖が開き、中から鬼の大群が飛び出す。
残滅せんと技を繰り出す炭治郎と一歩送れて技を出す義勇。

義勇が一歩遅く技を出したのは、炭治郎の繰り出す技を動きを見て、お互い斬り合わないようにとの配慮だった。
鬼を残滅できるのは炭治郎も義勇も同じだが、そこには大きな差があったのだ。

その頃、他の七人の柱達は各々が鬼と対峙しながらも先へと進んでいた。
蛇柱、伊黒小芭内(いぐろ おばない)は恋柱、甘露寺蜜璃(かんろじ みつり)と共に行く。
蛇の呼吸から繰り出される技が鬼どもを容易くなぎ倒す。

岩柱、悲鳴嶼行冥(ひめいじまぎょうめい)と霞柱、時透無一郎(ときとう むいちろう)は駆ける。
今の柱達には下弦程度の力の鬼など何の障害にもならない。
無一郎は悲鳴嶼へ産屋敷の最期を訪ねる。
彼は敬愛する産屋敷の最期と余命幾許もなく自ら囮へとなったことを知ってしまう。
彼にとって鬼殺隊の面々は兄であり、「お館様」と仰ぐ産屋敷は父である。
優しかった父や兄を奪った無惨に静に激昂する。
「嬲り殺しにしてやる。地獄を見せてやる」
それは柱達全員の想いだろう。

場所は変わり一人畳の上で正座する風柱、不死川実弥(しなずがわさねみ)。
異様な空間に放りこまれようとも、周囲を鬼に囲まれようと、鬼が襲い来ようとも、今の彼にはどうでもよかった。
(お館様…守れなかった…)
ただただ後悔のみが渦巻く。
そしてそれは鬼気迫る怒りへと変貌する。
「次から次に沸く塵共…かかって来いやァ」
鬼ども全てを皆殺しにすべく立ち上がるのだった。

またこの場所へは柱達だけではなく、炭治郎の同期達、我妻善逸(あがつま ぜんいつ)、嘴平伊之助(はしびら いのすけ)、不死川玄弥(しなずがわ げんや)の三人も迷い込んでいた。
彼らは各々の目的を携え、血鬼術によって造られた空間をひた走る。

柱達が無惨を目指し急いでいた頃、蟲柱、胡蝶しのぶ(こちょう しのぶ)だけは違った。
その緩やかな足取りでとある部屋の前にいた。
入る前から濃い血の匂いが漂う中で徐に扉へと手をかける。
隙間から中を覗くと、そこには数多くの女性を現在進行形で貪るモノがいた。

客の到来に気付いたソレは、不気味に振り返る
「あれぇ来たの?わぁ女の子だね!」
変わった喋り方をする上弦の弐、童磨だった。
「若くて美味しそうなだなぁ」
女性の手を貪りながら話す鬼に怒る胡蝶しのぶだった。

鬼滅の刃140話の感想と考察

2、3話前の話ですが、産屋敷の言った言葉通り、何者も寄せ付けない強さを見せる柱達でした。
しかし、かなり強くなった炭治郎ですが、柱と比べると未だ差は大きいようです。
無惨を倒すためにはもう1、2段強くなる必要があると感じます。
今後、狂気を感じるほどに怒る柱達の戦いも気になりますが、まずは胡蝶しのぶです。
果たして彼女は上弦の鬼を倒すことができるのでしょうか。
また炭治郎は善逸や伊之助達と合流できるのかも気になります。

鬼滅の刃のネタバレ一覧

鬼滅の刃のネタバレをこちらにまとめてあります。
鬼滅の刃の最新話ネタバレ一覧!