ブラッククローバー187話 最新話のネタバレと感想!

ブラッククローバー186話のあらすじ

ブラッククローバー187話のあらすじ

空中に浮かぶ巨大な岩の上でゴーシュことドロワと、マリーことエクラが佇む。
不敵に笑うドロワは、またもアスタ達の周囲に大量の鏡を出現させる。

一度破った技に効果はないと言いかけるアスタだが、その瞬間、彼の体はいきなり空中へ転移してしまう。
アスタは鏡によって移動させられたことを認識する。
それは以前ゴーシュが使用した鏡による空間移動を目撃していたからだった。

ドロワはアスタだけを狙い、連続で鏡移動を繰り返し、瞬く間にアスタを自身の近くへと移動させる。
(リヒトの滅魔の剣は周囲の因果を断つ――まずエクラの魔法を打ち消せるアイツを消す)
そう、ドロワの狙いはアスタ一人だった。

空中に浮かぶアスタの周囲を鏡が取り囲む。
先程と同じようにエクラが鏡越しに、私を見ろと促す。
見てしまうと体や魔力の操作を封じられてしまうと分かっているアスタは当然見ない。

目をつぶるアスタ目掛けてドロワの光線が迫るが、アスタは氣を感じる力で防ぐ。
ドロワは一つで無理なら多数で攻めると、多くの光線をアスタへと放つ。

周囲全てから迫る鏡魔法には流石のアスタも対処できないと焦るアスタだが、彼のピンチを仲間がフォローする。

ゴードンがアスタのいる空中へと大量の毒を飛ばし、グレイがそれを変身魔法で綿へと変化させる。そこへ綿を足場としてヘンリーがアスタを囲むように壁を作る。
間一髪のところで光線が壁に激突した。

だが、ドロワの魔法はいつまで経っても終わらない。
壁などすぐに破壊できると波状攻撃を仕掛ける。

壊れ行く壁の残骸から現れたのはアスタ。
「充分」
そういった彼は半身に黒を纏いて悪魔のように変貌する。

彼は鏡魔法の全てを弾き、空中に浮かぶ鏡を破壊する。
そのまま空を駆けてドロワへと肉薄するも、ドロワの髪がかきあげられ、左目に宿る鏡を見てしまう。
そこにはエクラが映っており、瞳による拘束魔法で動けなくなってしまう。

ドロワは動きの止まったアスタへ巨大な鏡による光線を浴びせようとする。

しかし、またもアスタのピンチを救うべくヘンリーは組換魔法で即席の空飛ぶ乗り物を作り出す。
そこに乗るは、ゴードン、グレイ。
彼らは持ち前のコンビネーションでアスタを援護する。
ゴードンは毒魔法“紫の傘”がアスタの前方に出現し、グレイがマジックコンバートで鏡へと変化させて窮地を脱する。
元気よくお礼を述べるアスタ。

「やってくれるじゃねーか」
未だ余裕の笑みを見せるドロワ。
その笑みが彼の実力がまだまだ見せていないことを語る。

そんな中で限界間近のヘンリーは自分がどうなってもゴーシュを救うと決意していた。

ブラッククローバー187話の感想と考察

相変わらずチーム力、抜群の黒の暴牛のメンバー達。
アスタもブラックアスタ化して果敢に攻めますが、元々強いゴーシュが更に強くなったことで攻め切れません。
対するドロワもそろそろ、本気を出してくると思いますが、ヘンリーは大丈夫なのか気になります。
この戦いが始まる時、魔力の底が近いことを匂わせていましたが、限界が近いのでしょう。
今まで組換魔法で黒の暴牛のアジトを使って戦いに参加してきた彼ですが、次回その真価を見せるのかも知れません。
次回も楽しみにしております。

ブラッククローバーのネタバレ一覧

ブラッククローバーのネタバレをこちらにまとめてあります。
ブラッククローバーの最新話ネタバレ一覧!