キングダム 584話 最新話のネタバレと感想!

キングダム583話のあらすじ

趙の野営地でカイネから李牧の策を伝えられる馬南慈、峩龍、堯雲。
不吉な夢を見たものの、今まで大戦を生き抜いてきた誇りを胸に勝利を確信する。
そして、13日開戦。
王翦中央軍では副官達に多少の不安が見られたが、玉鳳隊と飛信隊の
覚醒についての読みと、今後も二隊は一山超えて趙左翼に勝つと読むと話す王翦。
しかし、王賁が13日のこの日に討たれてしまう・・・。

キングダム584話のあらすじ

趙左翼、趙峩龍が秦右翼の玉鳳隊に向けて騎馬隊を率いて攻める。
「行くぞ、左から崩して王賁をはめる」
秦右翼にも報告が入り玉鳳隊副官の番陽が、
「賁様は今はまだここで全体の指揮をとらなければなりませぬ、右には私が行って陣頭指揮を取ります」
厳しい表情をしながら命令を下す王賁。
「あれは趙峩龍自ら動いてきてる、気をつけて行け。危うくなったら俺もすぐに向かう故、決して無理はするな」
王賁の命令で騎馬四百で迎撃に向かう番陽。

趙の堯雲と対峙していた飛信隊の信、河了貂、羌瘣は、突如右に移動する堯雲に気が付く。
「副長!敵の奥に堯雲の援軍が!」
兵士の報告を受けながら羌瘣は、
こちらに来るなら来るで自分が討つ。馬上で討つのは難しいが、下におろせば自分が勝つと冷静に考える。
「堯雲が入ってきたらバレない程度に私のところへ道を・・・」
その時、さらに右の真横から敵が迫って来るのを見て羌瘣隊の兵士が叫ぶ。
「いや、違う!あれは堯雲の軍じゃない!」
「あれはとなりの戦場の岳嬰軍だ!岳嬰軍が飛信隊を狙って移動してきた!!」
目を血走りながら怒号を上げ、岳嬰軍の兵士が攻めてくる。
それを見た河了貂は、今まで個別に戦ってた連中がここにきて連携して戦術をつかってきたことに焦る。
羌瘣はすぐに歩兵に壁をつくるよう命令する。
「大丈夫、今は私たちのほうが圧倒的に強い」
焦って困惑している羌瘣の横にいる兵士に、怒涛の勢いで攻めてくる岳嬰軍を見据えながら落ち着いて答える羌瘣。
「連結剛力!!」
連結剛力で上空まで吹き飛ばされる岳嬰軍の兵士。
それを見た他の飛信隊の兵士は皆驚きを隠せない。
「な・・・何だあれっ」
「趙の騎馬が飛びまくってる、すげぇ・・・」
「あいつら羌瘣副長からずっと教わっているから俺たちとは差が・・・」
河了貂は連結剛力を見て驚きながらも、剛力だけでは敵は止められない、右に援軍が必要で信も動いてくれているはずだと言う。
ところが信は騎馬に乗ったまま動かず困惑した表情を浮かべる。
「・・・・・どういうことだ・・・」
「相手の動きが急にわからなくなっちまった」
周りの兵士からは羌瘣が狙われている、羌瘣隊を助けにいかなくていいのかと声が出るが信は、
「違う!羌瘣を狙ってんだったら右に行った堯雲から殺気がもれ出る」
「堯雲は羌瘣を狙ってねぇ」
信だけが堯雲の行動に疑念を感じていたが、羌瘣を狙ってないのだとしたらどうして右に堯雲が行ったのかまでは読めずに困惑していた。
そして、いつのまにか堯雲がいなくなっている事に気が付き飛信隊に衝撃が走る。

趙の兵士から岳嬰軍千騎が飛信隊に突撃したと報告を受ける馬南慈。
「そして代わりに今、後ろを堯雲軍が通過します!」
馬南慈はその通過する堯雲軍を眺めながらカイネから伝言された昨夜の事を思い出す。
「李牧様は玉鳳王賁を狙えと?飛信隊信のほうが狙いやすそうだがのう」
カイネが、
「理由は二つある。あの二隊はほぼ同じ戦果を出しているが玉鳳は五千、飛信隊は八千、つまり玉鳳のほうが無理をしていると・・・」
「それと二つ目は相性だ。本能型堯雲将軍の動きを今の飛信隊信は動きを読んでしまう」
「だが、将軍とまだまともに戦っていない王賁にはその動きは読めない」
堯雲将軍には王賁の首をとってもらう。
作戦は堯雲自らが右に動くと同時に岳嬰軍別動隊千騎が飛信隊の右を狙い堯雲軍を見失わせるための助行をする。そして、必殺の部隊を敵に気づかれずに岳嬰本軍と馬南慈軍の裏を通り玉鳳隊の真横を攻めるというもの。

敵は二百から四百、玉鳳隊の王賁も左真横から敵が近づいてくると気が付き歩兵で壁を作り応戦の構えをする。
しかし、玉鳳隊の壁をあっさり突破して中に入られてしまう。
趙峩龍軍と対峙していた玉鳳隊は敵が二つも先から来た、朱海平原の中でも最強の武を持つ堯雲直下兵団「雷雲」だと王賁含め誰も気づかずにいた。
そして三百程度の数はそこまで脅威ではないと考えていた。
その点でさらに玉鳳隊は堯雲の後手にまわっていた。
驚く王賁、
「関常を呼べ!!」
王賁の伝令を聞く前に動いていた副官関常が間に入り、雷雲との壮絶な潰し合いが始まる。
雷雲と関常隊の乱戦場から数十騎離れ弧を描くように走る。
その数十騎は乱戦場に集中している力の隙間をうまくかわしながら走り、王賁本陣が見える距離まで詰めていた。
王賁本陣の兵が気づいた時にはすでに手遅れだった。
その数十騎の先頭を行くのは雷雲の中でもさらに腕の立つ上から十人の「十槍」。
そして、そのすぐ後ろには堯雲本人が控えていた。

キングダム584話の感想と考察

今回の話を見て、飛信隊が三百将だったときの馮忌(ふうき)を討ったシーンを思い出しました。てっきり大規模な戦いでやられるのかと思ってあので意外でしたね~。堯雲という名だたる武将でも三百将のような暗殺ぽいこともするんだなて思いました。
しかし、あの無表情な王賁の驚く顔は珍しいですね。十槍は紫伯を討った今の王賁の槍ならやられることはないような気もするし、どっちかというと今の信よりも武はあると思うから、堯雲と正面から一騎打ちしてもそう簡単に負けるはずないと思ます。
考えられるのはこのまま暗殺されそうになって致命傷を負って戦線離脱てところですかね?まさか本当に死んでしまうとは思いたくないですね・・・。

キングダムのネタバレ一覧

キングダムのネタバレをこちらにまとめてあります。
キングダムの最新話ネタバレ一覧!