ゴールデンカムイ 184話 最新話のネタバレと感想!

ゴールデンカムイ184話のあらすじ

吹雪く雪の中を杉本達はアシリパ達を追うが、荒れた流氷原の上を犬ゾリでは思うように進めなかった。
天候も悪くこのまま進むのは危険と言う谷垣。
しかし、杉本には言うほど距離が離れていないと分かっていた。
それは監獄での爆発もあるが、何より猟犬でありアイヌ犬のリュウがそういっていた。
「今なら追いつける!!」
ナイフでリュウとソリを繋ぐ紐を切り、ともに走り出すのだった。

その頃、流氷の上を歩くアシリパ達。
彼女は父との幼き日の思い出の中で「ホロケウオシコニ」という名前を思い出すが、それを何故忘れてしまっていたのかを考えていた。
父はアシリパに「決して忘れるな」と言っていた。
狼に関係することなら「レタラ」で思い出せた。
それ故に思い出せなかったと理解するアシリパ。

名前を教えてくれた父が亡くなり、その後、狼のレタラもいなくなってしまった。
(私は出来るだけ考えないように頭の隅に追いやっていたんだ)
自然と涙が溢れてしまうアリシパ。
そんな彼女を尾形は撫でるのだった。

風が強くなってきており、一行は歩みを再開しようするが、少し離れた場所で用を足していた白石の足元で流氷に亀裂が入る。
咄嗟に前方の流氷へと飛び乗る白石だが、皆と海を隔てて離れ離れとなる。
何とか合流を目指し西へ進もうと提案するキロランケだが、白石の飛び乗った流氷は西に行けば行くほど合流の芽はなさそうだ。
ならばと白石は来た道を一旦戻り、アリシパ達を追うという。
「シライシ気をつけろッ。一人で落ちたら助からないぞ」
アシリパはそう声をかけ、自分達は先を急ぐため西へと歩き出す。
だが、その歩みはすぐに止まる。
風が今までより更に強くなり、吹雪で視界が塞がれ、体温まで奪われてしまう。

避難を余儀なくされた一行。
アシリパは暖をとるために尾形と流木探しに出かける。
二人だけになるこの機会を尾形は窺っていた。
「アシリパ、おまえ…さっきなにか、とても重要なことを思い出したな?」
その顔は吹雪く雪よりも冷たかった。

一方の白石は絶体絶命だった。
来た道を戻っていた彼をまたも流氷が襲う。
突如、足元の流氷が海水に半分沈むように傾く。
何とかしがみつく白石だが、それも束の間であり、海水へと落下してしまう。
だが、その手を掴む者が現れる。

「よォ!白石由竹。また会ったな」
底抜けに明るい笑顔を浮かべた杉本が白石を助けるのだった。

ゴールデンカムイ184話の感想と考察

厳密には前回出た「ホロケウオシコニ」という言葉。
これの文字は3つの意味を持ちます。
1つ、「父の名前」という意味。
1つ、「狼を追いつく」という意味。
1つ、「黄金へ至る暗号」という意味。
これほど重要な言葉を今思い出すということは、これから一気に進むかもしれません。
そして、白石と出会う杉本。
このまま杉本がアシリパと会えるのか、感づく尾形がどういった行動を取るのか、色々と目が話せませんね。
次回も楽しみにしております。

ゴールデンカムイのネタバレ一覧

ゴールデンカムイのネタバレをこちらにまとめてあります。
ゴールデンカムイの最新話ネタバレ一覧!