2019年3月14日発売日の少年チャンピオン2019年15号の最新話!
WORST外伝 グリコ【第9話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)
[kanren postid=”★” date=”none”]

WORST外伝 グリコ 9話のネタバレ

全中戦争の初戦から一週間後の日常――

博多全中戦争の初戦から一週間が経った日の午後――
グリコは、カップ焼きそばを食べようとしていた清水ことドブ男の背中を蹴る。

いつもに増して不機嫌な様子のグリコだが、それはドブ男が発行した全中戦争の号外が原因。

そんな物が出回っているせいで、何時なんどきだろうと絡まれることになり、大好きな女遊びに支障を来しているようだ。
故に、逆エビ固めで報復に出るグリコ。

そこへ幼馴染みの大関が号外を片手に現れ、オッズはどうなっているのかと呟く。

そう、巷では不良だけでなく、一般人までも全中戦争を賭け事にしていた――

全中戦争で賭け事!一番人気は!?

1口500円が賭け金。
馬の数は、中学校の数と同じく16だが、初戦を終えて半分の8になっている。
現状のトップ3が気になるところ。

3番人気は、祇園古芽中の林倫太郎こと通称、仏のリリー。
2番人気は、グリコとカー坊の戦いを見ていた、鍛冶町第二中の中西理梵こと通称、クレイジーリボン。
堂々の1番人気は、グリコ。

ぶっちぎりの1位であり、とてつもない金額が集まっている。
だからといって、彼が全中戦争に積極的になることはない――

男にとって一番大事なモノとは――!?

あくまでも参加する気はないと言うグリコに対して、大関が物申す。

意に介さなかったとはいえ、カー坊を叩きのめしており、全中戦争の参加者なのは明白。
それでも、やる気がないなら、ワザと負けろと告げる。

その瞬間、いつものふざけたグリコではなく、真剣な顔で大関の胸ぐらを掴む。

「わしは勝ち負けに興味なか…ばってん負けたらいかんばい…それが男っちゅう生き物やろうが」
怖いぐらいの目で見つめるグリコだった。

もっとも、彼にとって、それ以上に大切なモノは女性の尻を追っかけることであり、相変わらずのグリコに笑みを浮かべる大関。

そんなグリコの前に次の対戦相手、3番人気の仏のリリー現れようとしていた――

WORST外伝 グリコ 9話の感想

クローズの世界の博多って色々ヤバいよね。
不良以外の一般人まで、中学生の喧嘩祭りに興味あるとか、どんだけ血の気が多いのかって話(笑)
これも明太子が原因なのか!?
…ってふざけてばかりじゃなくて、やっぱり1位はグリコですよね。
私も賭けるならオッズが低かろうとグリコにしか賭けませんね!

WORST外伝 グリコ 10話の考察

次週は、グリコvs仏のリリーです。
初戦は僅か2発で瞬殺したグリコですが、2戦目はどうでしょうか。
実際、初戦は全然本気じゃなかったように見えたので、2戦目も圧勝すると予想できますよね!

それでは、次週でお会いしましょう!!

[kanren pageid=”■”]