2019年3月13日発売日の少年サンデー2019年15号の最新話!
名探偵コナン【第1031話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)
[kanren postid=”★” date=”none”]

名探偵コナン 1031話のネタバレ

犯人はやはりあの男!?

今まで起こった2つの殺人事件の全てに関与している西野澄屋は、毛利を含め、仲間からも疑われたことで、書斎へと篭城し、扉越しに自らの無実を訴える。

第一の殺人、和田孝平の死について――
和田がトイレに行く事を決めたクジは西野が提案した。
しかし、レポート用紙を9等分してクジを作ったのは、古浦郁絵であり、名前はそれぞれが書いている。

第二の殺人、川崎陽介の死について――
物音を確認するペア決めた方法は郁絵が持っていたミントタブレットケースの3つを使ったクジ。
西野は最後に残ったケースを引いている。
更にメールを受け取った川崎が叫び走り出したすぐ後、西野は皆がいる礼拝堂に戻ってきた。

故に自分は犯人じゃないと叫ぶ中、藤出頼人の携帯にメールが入る。

「犯人がわかった!それを教えるから誰にも気づかれずに屋根裏を通って書斎にきてくれ」
西野からのメールだった。

騒動が静まった後、藤出は文言通り屋根裏から書斎へと入る。
そこに居た西野は、新たな暗号を渡すと、徐にペットボトルの水を飲みながら演技を始める。

「うあぁあ!何すんだ変な物を飲ませるなよ!!俺はまだ死にたくない!」
あたかも、目の前の藤出に無理矢理、毒薬を飲まされているといった芝居であり藤出を一連の殺人の犯人に仕立て上げるのだった――

コナン、安室、小五郎の推理――

藤出のように屋根裏から書斎へと入ったコナン達、小五郎は西野の下手な芝居をやめさせると謎解きを開始する。

和田殺しについて――
クジを引いたのは、あくまでも西野。
しかも、そのクジはハサミを使わずに9等分された物であり、中央の1枚は4辺すべてに破り目ができる。
その紙を和田に渡し、名前を変えてもらえば狙って引くことができる。

川崎殺しについて――
西野と川崎が物音の調査に向かったミントタブレットケースを使ったクジは、元々3つ全てに中身が入っていなかった。
ただし片方の袖の中に、中身の入ったケースを予め仕込んでおけば、手を振ったとき、あたかも持っているケースから音が鳴っているように錯覚させることができる。

毒殺については、毒薬は検出されなかったが、川崎のスマホには蜂蜜が塗られていた。
指先についた蜂蜜を落とすため、トイレで手を洗うだろう。
その時、川崎はクセでハンカチを口に加えるはず。

彼のクセを知っている西野であれば、事前にハンカチを抜き取り毒を塗ることができる。

何故、彼が何度も何度も、他人の物を盗むことが出来るのか。
それは西野がマジシャンだからだ。
トランプの一番上と一番下をトップとボトムと呼ぶ。
それを彼も自然に言っていた。

最後に暗号については、野球が深く関係してくる。
紙を野球の守備陣系に見立て、1番のピッチャーから9番のライトまでの9人が立つ場所の文字を読めば、おのずと何が書かれているのか分かる。

殺害の動機は、とある試合――!?

野球部の彼らは、甲子園出場を目指し、地区予選の準々決勝の試合で9連続エラーの5回コールド、しかもパーフェクトゲームという大敗を喫する。

その試合にケガで出場していなかった西野だが、テレビ越しでもすぐに、チームメイトがワザと負けたと理解した。

ピッチャーだった日原泰生の自殺は、それが原因だと西野は思っていた。

だが、実際はそうではない。
確かに、その試合はワザと負けたが、日原のためを思ってのもの。
第1試合から一人で投げ続けた日原の肩はボロボロだった。
当初は勝つつもりだったが、次第に点差が広がる中、日原の将来のためにコールド負けすることを選んだのだ。

真実を知った西野は顔を青くし、震え、涙する…自らの罪の重さを自覚するように膝をつくのだった――

名探偵コナン 1031話の感想

ということで解決編でした。
色々と、ホントに色々と突っ込みどころが満載なのですが、正直どうなんでしょうね。
西野がマジシャンだと、トランプの言い方だけで気づけるものですか?
難しすぎるって思う私はきっと間違っていませんよね!?(笑)

名探偵コナン 1032話の考察

次週からですが、今回がシリーズの解決編でしたの、次からまた新たな話に入ります。
16~18号は休載し、19号から再開のようです。

それでは、19号でお会いしましょう!!
[kanren pageid=”■”]