2019年3月13日発売日の少年マガジン2019年15号の最新話!
ダイヤのA act2【第159話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)
[kanren postid=”★” date=”none”]

ダイヤのA act2 159話のネタバレ

不甲斐ないエースを仲間達は励ます!?

初戦突破から半日――
青道の面々は学校に戻ってきていた。

ミーティングルームに全員が集まり、次戦の八弥王子について話す中、沢村は何度も試合のビデオを観ていた。

画面に映る自らの不甲斐ないピッチングを生気のない瞳で見つめ、自責の念に駆られる。
しかし、仲間達は違う。

いつもとはリズムが違ったが、何だかんだ初回以降は0点に抑えている。
最初のプレーでやらかし、完全にテンパってしまった事実は、ビデオを何度見返しても覆らない。
だが、次に繋がるならいくらでも観ればいいと御幸が、仲間達が語る。

その時、マネージャー組が片岡監督が呼んでいると沢村に告げに来る――

片岡鉄心の思いと期待!?

沢村の到着を待つ片岡監督の脳裏には、恩師、榊監督からの言葉が過ぎる。
試合後の対話の最後に語られた言葉。

榊監督は、沢村を指して、片岡監督と似ていると告げた。
片岡監督もエース初登板では、沢村と同じく気持ちが空回りし初回から大荒れだった。

それは、確かに最悪と言えたが、彼の不器用な熱意はチームメイトに伝わり、誰もがエースを支えた。

“チームがエースを育て”、“エースがチームを強くする”

恩師の教えを思い出していると、件の沢村がやってくる。
片岡監督は、八弥王子戦の先発は降谷でいくが、状況に応じて投げることもあるから準備しておけと告げる。

これからの試合は今日の比よりも過酷な場面で投げることもある。
故に、叱咤激励をするのだった――

市大三高と薬師の試合――

翌十六日、八王子球場――
この日は市大三高vs梅ヶ谷、薬師vs五味大付の2試合があった。

市大の先発はエース天久。
キレッキレのスライダーを武器に3イニングで三振7つという驚異の数字を叩き出す。
観客席で見ていた雷市は高笑いし、天才との再戦を望んでいた――

ダイヤのA act2 159話の感想

沢村は仲間に恵まれていますよね。
もっとも、それは彼のひたむきな頑張りがあってのものなのですが。
片岡監督と沢村が、似ているということですが、タイプは全然違いますよね?
寡黙な片岡監督に対して、うるさいぐらいの沢村。
一瞬、片岡監督のように寡黙な沢村を想像して笑っちゃいました。

ダイヤのA act2 160話の考察

次週からは、市大また薬師の試合が描かれるのでしょう。
青道が強くなると同時に、彼らもまた強くなっているのでしょう。
特に“怪物”と称される雷市と“天才”と称される天久の今が気になりますね!

それでは、次週でお会いしましょう!!
[kanren pageid=”■”]