ハイキュー!!331話 最新話のネタバレと感想!

ハイキュー!!331話のあらすじ

相手チームに狙われ絶不調の赤葦京治。
彼のバレー人生は特に可もなく不可もなくだった。
そう彼に出会うまでは。

杜中学のバレー部で、言われるままに一生懸命に練習に取り組み、セッターをそつなくこなすが、特にバレーが好きだという感情はなかった。
中学3年生になり、バレーの名門、梟谷から推薦がくる。
ある時、丁度梟谷の試合がしていると、足を運んだ場所で、彼は正に「スター」と出会う。
それこそが木兎光太郎だった。

梟谷学園高校に進学した赤葦は早速、木兎から練習後のスパイク練習に誘われる。
その顔は本気かどうかわからないものだった。
当初、「ちょっとだけ」という言葉で始まったスパイク練習だが、それは決して「ちょっと」ではない。
体力の限界までトスを上げる中で木兎が笑顔で自分のことを褒める。
「お前のトス最高だぜ!」
ストレートな褒め言葉がすごく嬉しかった。
スター選手だと感じた彼は、少しお調子者だった。

ある日の試合。
梟谷は木兎のスパイクが中々決まらず、善戦するも負けてしまう。
試合後、木兎からいつもの言葉が出る。
「赤葦、ちょっとだけスパイク練習付き合って」
名前を間違えない彼の真剣な顔が印象的だった。

季節が変わり、レギュラーとなった赤葦は木兎と共に関東大会に出場する。
並居る強豪を倒し続け、今日の勝負に至る。
しかし、今日の自分は何処かおかしい。
木兎にトスを出さず、自ら危険度の高いツーアタックに急いてしまう。

それこそが対戦相手の狢坂高校、セッター臼井の策略だった。
臼井によれば、梟谷に勝つ為にはエース木兎とそれを支える赤葦を同時に攻略することが鍵だと言う。

梟谷にとって重要な二名がターゲットにされ窮地へ立たされる。
だが、それを吹き飛ばすはやはりエース木兎。
狢坂の雲南による高い打点から打ち下ろされるスパイクを木兎がブロックに飛ぶことでコースを限定させる。
いくら威力が高くてもくるとわかっていれば、受け止めることはできる。
続けざまに飛んだ木兎の強烈なスパイクが決まる。

木兎が纏う雰囲気が鋭く重く変わる。
木兎の持ち味は強烈なストレートのスパイクであり、狢坂は試合が始まってからずっと木兎にストレートを打たせてこなかった。
ならば別の場所に打てばいい。
(じゃあ超インナーをくれてやる)
誰も触れることのできないソレは相手コートに強く突き刺さる。

「俺は今まで“皆のおかげのエース”だったけど、あと何日かでお前らとはお別れだから、いい加減ただのエースになるよ」
木兎の覚悟の言葉だった。

ハイキュー!!331話の感想と考察

今回は赤葦の過去と木兎の覚醒がメインの話でした。
何話か忘れましたが、以前に木兎の過去についての話で、木兎が赤葦と出会えたことに嬉しさと感謝が込められているような描写がありましたが、それは赤葦も同様だったようです。
自分にはないスター性のある選手と出会い、その人物と同じ時間を共有する。更に自分のトスが最高だと言って貰える。
こんなに嬉しいことはないでしょう。
だからこそ、もうすぐ卒業する木兎にこの試合で最後にしてはならないと、余計な力も入ってしまうのだと思います。
また木兎にしても、今まで多くの回でプレーが気持ちに左右され、ノっているときは絶大な結果をチームに齎す反面、一度気分が落ちると、プレーにも響いてしまうと、かなり諸刃な剣のプレイヤーでした。
ですが、今回は彼にも思うことがあるようで、終始崩れないでいます。
次回ではそんな彼の更なる活躍を期待します。

ハイキュー!!のネタバレ一覧

ハイキュー!!のネタバレをこちらにまとめてあります。
ハイキュー!!の最新話ネタバレ一覧!