僕のヒーローアカデミア 210話 最新話のネタバレと感想!

僕のヒーローアカデミア210話のあらすじ

A組対B組の最終セットが開始される中で、デクの異変について話し合うオールマイトとグラントリノ。
以前オールマイトがグラントリノに対してデクから聞いた“ワン・フォー・オールの夢”について志村が何か話していたか聞いた事があった。
グラントリノは何か心当たりがあるようだ。
「何ぶん老人の記憶だ、期待せずに聞け」

A組デクチームが戦場をかける。
先頭を行くはデクが雑多な建物の中を縫うように駆け抜ける。

クラスメイトはデクチームの陣形が、先の爆豪チームに似ている。
ただし、デクチームには索敵係がいないため、より慎重に、かつデクが爆豪以上の働きをする必要があると分析していた。
ライバルたる爆豪は無言で見つめていた。

デクはある程度進んだところで一段ギアを入れ替えると、工場地帯の建物の壁を蹴り、上空へと躍り出る。
自身が目立つことで囮になりB組の攻撃を受けることで居場所を割り出し、仲間と連携して捕らえようとしていた。

「キャア」
甲高い悲鳴がデクの視線を誘導する。
その瞳に映る人物はB組の物間。

デクのように機動力と戦闘力を持つ人間を警戒しない者はいない。
だが逆にデク1人よりも他の3人を優先して潰すべき。
先程の悲鳴はA組の仲間のものかもしれないし、反対にB組のものかもしれない。
デクが悲鳴を聞いて駆けつけてしまえば、逆に居場所がばれてしまう。
そんな風に言葉巧みに惑わす物間。

もっとも、デクは耳をかさない。
弾けるように物間へと迫る彼に、物間は言ってはいけない言葉を発する。
「“恵まれた人間が世の中をブチ壊す”」
「何故彼は平然と笑ってられるんだ?」
それが誰のことを言っているのかは一目瞭然だろう。
「平和の象徴を終わらせた張本人がさァ!!」
知った風な口をきく物間へ指先を向けるデクだった。

時は数秒前。
麗日、峰田、芦戸の三人は周囲を警戒するように進む。
その時、峰田の個性もぎもぎに何かがかかったと叫ぶ。
三人目掛けて飛んでくるのはネジなどの小さい金属片だった。
芦戸の酸が盾のように三人を守る。
それはB組、柳レイ子の個性“ポルターガイスト”によって操られた物だった。

襲い来る大量の金属片が突如巨大化する。
小大唯の個性“サイズ”だろう。
しかし、それらも麗日お茶子の個性“無重力”で浮かせることで対処する。
だが、B組の攻撃はまだ終わりではなかった。

「ツインインパクト解放!」
浮いていた巨大化した金属が殴られたように飛んでくる。
つい悲鳴を上げしまう。
それは致命的なミスだろう。
B組の目的はA組の居場所を特定する事にあった。
庄田二連撃の個性“ツインインパクト”にまんまと目的を達成させられてしまった。

オールマイトとグラントリノの会話はまだ続いていた。
オールマイトが欲したような情報はないが、グラントリノは志村がワン・フォー・オールを引き継いだ頃にとあることを聞いた事があった。
それは夢の中の話であり、黒いモヤのようなモノが語りかけてくるのだと言う。
「まだその時ではない」

オールマイトとグラントリノが核心に迫る会話をしていた頃、“デラウェアスマッシュ・エアフォース”を構えたデクの右腕にまたも異変が生じる。
黒い雷のようなモノがデクを包み込むように漏れ出るのだった。

僕のヒーローアカデミア210話の感想と考察

やっと本格的に始まった最終戦でしたが、まだ序盤であるはずが既にクライマックスのような流れですね。
もっともデクと物間意外に関しては小競り合いでしたが。
しかしデクの右腕ですがやっぱり異変が起きましたね。
前回ラストで牢獄に囚われているオール・フォー・ワンが弟の声がすると意味深なことを言っていました。
“弟”という言葉で思い出すのはやはりワン・フォー・オールの初代であり、夢でデクの右腕に触れ、目覚めるとアザが浮き出ており、部屋もかなり破壊されていました。
その時も今回のように黒い雷のようなモノがデクの部屋を破壊したのでしょうか?
今後この個性のような特異な能力が、ワン・フォー・オールの謎や何故デクが継承者なのかを明らかにしていくと思います。

僕のヒーローアカデミアのネタバレ一覧

僕のヒーローアカデミアのネタバレをこちらにまとめてあります。
僕のヒーローアカデミアの最新話ネタバレ一覧!