約束のネバーランド 124話-125話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年2月25日発売日の少年ジャンプ2019年13号の最新話!
約束のネバーランド【第124話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
約束のネバーランド 123話-124話 最新話のネタバレと考察!ノーマンと対話する事を決意するエマ!!ムジカとソンジュの“例外”とは!?腹心達との邂逅とお茶会の開幕――



約束のネバーランド 124話のネタバレ

鬼を殺すということに、どうしても割り切れないエマはレイと一緒にノーマンと対話をするために、彼に執務室に向かった。
しかし、そこにはノーマンはおらず、幹部三人が居た。
しかも、気づけばお茶会に発展していた――

――ゴゴゴゴゴゴ――

ただのお茶会のはずが異様な空気が漂う。
何故なのか、それは幹部の二人がエマを異常な目つきでガン見していたからだ。

幹部三人の内訳は、男二人に、女一人。
男の名は、シスロとヴィンセント。
女の名は、バーバラ。

何か言葉を発する度に、レイとエマに圧がのしかかる。
特におかしいのはシスロとバーバラ。

「俺達も脱走者だかんな!…てか俺達の方がすげぇかんな!!農園ぶっ潰してっかんな!!」
一転して場がよくわからない空気に包まれ、戸惑うエマ。

ありえないことに、シスロとバーバラは子供じみた対抗心で張り合っており、適当に肯定を説明してくれる幹部の一人ヴィンセント。

「いやースゲーっす、パネーっす、俺達にゃできねーっす、さすがっす」
適当すぎるレイの返答だが、照れるシスロとバーバラに「それでいいのか?」と思うも何も言えないエマ。

そんな中、エマはクリスとドミニクを治療したヴィンセントに礼を告げる。
もっとも、それは既にノーマンから言われており、気にするなと返すヴィンセント。

ノーマンの話題が出たことで、シスロとバーバラの目つきが変わる。
というより、モジモジと照れたようにミネルヴァもといノーマンの話を聞きたいと言う二人。
シスロ、バーバラもそうだが、実はヴィンセントも“ノーマン大好き”人間らしい。

ノーマンのことを教えろと言われ、別に以前と変わっていないと思うエマ。

「優しくて、頭が良くて、いつもフワッとニコニコほほえんでいて…」
エマの言葉を笑うシスロとバーバラ。
彼らにとってのノーマンのイメージは全然違う。

「キリッ」
「冬」
「帝王」
三者三様の言葉に口に含んでいた紅茶を吐き出すレイ。
エマも流石に“帝王”はないと思う始末。
幸か不幸か打ち解けた五人はノーマンの子供時代の話で盛り上がるのだった――

そして、次は自分達だと言うように、ノーマンとの出会いを語る――

彼ら三人の中でシスロ、バーバラは元はグッドウィル=リッジ農園、ヴィンセントはグローリー=ベル農園にいたそうだ。
だが、試験農園∧7214に連れて行かれ、クソみたい実験を経て“力”を得た。
地獄という言葉が生温いほど凄惨な毎日。
多くの食用児が物よりも酷い扱いをされ、殺された。
それを助けたのが12歳のノーマン。
その後、ノーマンが策を立て、ザジを含めた幹部四人が実行し、その五人で数々の農園を潰してきた。

その日々を思い出したのか、シスロは一転して狂気を孕んだ目で「早く奴らを皆殺しにしたい」と危険な笑みを浮かべる。
高級そうな机の上に立つバーバラは、手に持っていた骨付き肉を見て、「奴らの肉を食うとムカムカが消える」と語る。

その瞬間、エマは無意識に辛そうな顔で立ち上がる。

「まさか、あんた鬼に同情してる?食用児のくせにまさか鬼を殺したくないとかおもってるわけ?」
全てを見透かすような、何とも言えない瞳でエマの瞳を覗き込むバーバラ。
彼女はエマがノーマンに計画の変更を訴えようとしていたと気づくと、怒りのままに足に力が入ると机にヒビが入り始める。

メキメキと嫌な音を立てる机を見て、シスロが強烈な雰囲気で一言制止を促すと、バーバラは止まる。

「どの道、もう遅い…万事支障はないよ…ボスは計画を早めて今朝作戦を開始した――」
ヴィンセントは今までの優しい目ではなく、冷たい目でエマに残酷な事実を話のだった――

その頃、ノーマンことウィリアム・ミネルヴァは駒の一つと会談していた。

「正式にあなた方と同盟を結びに来た…共にこの世界を破壊しましょう」
会談の相手は異形の鬼達であった――



約束のネバーランド 124話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

ノーマンという共通の話題で和やかに話すエマとレイと幹部達。
その時は確かに親交を深めていたはずなのに、エマの思いを知ると一転して拒絶となりました。
まあ…仕方ないですよね。
食べられる側が食べる側を殺したくないと思うのは、ありえないことに近い。
エマが思っているので「ありえない」とは言いませんが、100人いたら大多数はエマの思いを「否定」するでしょう。
勿論、エマはムジカなど人間によくしてくれる鬼を知っているからかもしれませんが、それも鬼の中で極々少数でしょう。
エマは険しく、細すぎる道を行こうとしている……。

125話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

さて、次週ですが、このままノーマンと鬼達の会談かな?
ノーマンの計画の切り札が、残滅するべき鬼だったのは以外ですね。
ただ、本気の同盟というよりは、多くの農園を潰し、情勢が人間側に振り切れるまでの間だけのようです。
最後は同盟相手の鬼も冷酷に殺すのでしょうね……。
それでは、次週でお会いしましょう!!



好きな漫画を無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、週刊少年ジャンプが読めるFODがオススメです。

FODは1ヶ月の無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
この機会にチェックしてみてください。

FODの無料お試し登録はこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】とは?

約束のネバーランドのネタバレ一覧

約束のネバーランドのネタバレをこちらにまとめてあります。
約束のネバーランドの最新話ネタバレ一覧!