ラジエーションハウス 64話-65話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年2月20日発売日のグランドジャンプ2019年No.6号の最新話!
ラジエーションハウス【第64話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
ラジエーションハウス 63話 最新話のネタバレと感想!“不可視の痛み”を身体を張って探す技師・軒下!!



ラジエーションハウス 64話のネタバレ

酔っ払いの患者に殴られながらも見事に撮影を成功させ、大腿骨頚部骨折という“不可視の痛み”を発見した軒下と広瀬裕乃。
長椅子に座り休憩する中で、広瀬は何もできなかったことを悔やむ。
そんな広瀬を励ます軒下。

今は頼りになる先輩というような軒下だが、彼にも新米の頃はあった。
初めての到着は不安で仕方がなったし、患者が来ないことも願った。
だけど、徐々にだが解剖学を学び、どう撮影すればいいのか日々勉強した。
故に今の彼がある。
もっとも、技術の進歩と共に便利になったお陰で、純粋な撮影の腕では先人達に敵わないと自虐する。

だが、広瀬は軒下の自虐を否定する。
実際に今日、オーダーになかった大腿骨頚部骨折に気づけたのは、軒下の力。
患者の見た目や言葉に惑わされるのではなく、隠れている真実を見つけることが大切だと軒下から学んだ。

そんな広瀬は、高校時代に膝に大きな怪我を負った。
当時の担当した技師が親身に対応してくれたことが、彼女が技師を目指すきっかけになった。
軒下を見て、そういう風に思っている患者がいるかもしれない。

あまりにも大絶賛する広瀬であり、軒下は「自分達先輩を頼り、少しずつ勉強して成長して行け」と言葉を贈る。

「はい!」
肯定の言葉と共に満面の笑みを向けられた軒下は赤面してしまう。

そこへ軒下と同じ放射線技師の五十嵐唯織がやってくる。
軒下は広瀬と分かれ、五十嵐と二人で話しをするが、更に甘春杏まで姿を見せる。

軒下を間に挟んで横並びで話す三人。
五十嵐と甘春が何故かチラチラと意識しており、関係を疑う。

そんな中で、甘春が軒下へ大腿骨頚部骨折の患者の診察結果を話す。
そして難なく診断できたのは、軒下が撮った分かりやすいレントゲンがあったからだと告げる。
軒下の腕は五十嵐も認めている。

元々、軒下は医者に憧れていたが、彼の学力では医学部に入る事はできなかった。
それでも白衣を着たいという欲求から、技師になった。
しかし、今ではやりがいをもって臨んでいる。
ただ、それでも「医者になれなかった」というコンプレックスがあり、合コンなどで「医者じゃないの?」と言われる度に技師としての自分に胸を晴れなかった。
だけど、今日「見えてる部分が全てじゃない」と気づく。
技師も同じで、まわりの人間に見えずとも、誇りを持って大切な仕事を続ければいい。
改めて、診療放射線技師としてやっていこうと思う軒下。

軒下の想いを聞いていた甘春は、何故医師免許を持っている五十嵐が、あえて放射線技師として働いているのか気になるのだった――



ラジエーションハウス 64話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

軒下さんは、きっと今まで周囲の誰にも放射線技師という仕事を理解して貰えなかったのでしょう。
それが、今回、同僚と言えど広瀬に、その意義を理解して貰えたことで吹っ切れたのだと思います。
今後は同僚じゃなく、一般の人にもその大切さを理解して貰えると尚、嬉しいでしょう。

65話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

さて次週ですが、そろそろ五十嵐の謎が明かされそうな予感がします。
まあすぐにという訳じゃないでしょうけど…。
実際、医者として働けるのに、何故に技師として働いているのでしょうか。
ただ単に「技師の仕事をしたいから」というだけじゃなさそう。
深まる謎が気になりますね。
それでは、次週でお会いしましょう!!

ラジエーションハウスのネタバレ一覧

ラジエーションハウスのネタバレをこちらにまとめてあります。
ラジエーションハウスの最新話ネタバレ一覧!