BUNGO―ブンゴ― 177話-178話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年2月21日発売日のヤングジャンプ2019年No.12号の最新話!
BUNGO―ブンゴ―【第177話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
BUNGO―ブンゴ― 176話-177話 最新話のネタバレと考察!各々の思いが交差する中始まる!静央シニアVS富士ヶ丘シニア!!



BUNGO―ブンゴ― 177話のネタバレ

静央と富士ヶ丘の試合開始まであと少し。
記者、玄崎千秋が来るのは当然として、東光学園の部長、近藤静も会場に来ていた。
近藤は、選手のスカウトも担っており、4回戦で一番の注目対戦であるから、無理もない。
玄崎は近藤につい先ほど行われたミーティングの様子を語る。

「監督、今日のオーダーめっちゃええですね」
西浦珠希の言葉だ。
今回一番おいしい所は彼女が担当する。
つまりは4番ということ。

河村幸一は3番で打つのだが、本人としては特に文句はなく、寧ろ理に適っていると思っていた。
富士ヶ丘は結局は、如何に河村が試合を決めれる状況を作れるかどうかが重要である。
故に河村の前後の打者が肝になる。

そして、守備面では碓井和隆が要として動く。

富士ヶ丘は静央戦にピークが来るよう調整しており、全てを出し切るつもりだった。

対して、静央はというと、これまたいつも通りのオーダー。
それだけ静央の攻撃陣は誰もがキーマンになれるほどに強い。

ただし、投手は文吾ではない。
前々から言っていた通り、先発は鮎川瑛太。

監督が調子を確認するが、何の気負いなく平然としている瑛太。

静央はこの試合で臨機応変にベストの対応を心がける。
トーナメントを勝ち抜く為の試合と位置づけていた。

この試合に全てを懸ける富士ヶ丘シニアと、この試合の更に先を見据える静央シニア。
どちらが正しいとも、間違っているとも言えない。

「面白くなる予感しかしねーな…!」
近藤は電光掲示板に表示される打順を見ながらそう呟くのだった。

試合前の最後の休憩――
河村はトイレで流山シニアの投手、家永太陽と出会う。
どうやら家永の目的は河村のようだが、河村自信は家永に興味はなさそう。

そこへ文吾がやってくる。
文吾を見た途端、意気揚々と話しかける河村。
河村は文吾と対戦できるのを楽しみにしており、その為に“メガネ君”を立ち直れないほどめった打ちにすると告げる。

「“メガネ君”じゃなくて“瑛太”って言うんだよ」
仲間を侮辱された文吾が怒りのまま語る。

「静央の“1番”を背負ってる選手を甘く見ない方がいいよ…立ち直れなくなるのは河村幸一の方かも知れない…!」
宣戦布告とも、忠告とも、煽りとも取れる言葉を残し去る文吾。

同時に河村と家永もトイレを後にする。
しかし、このトイレには、実はもう一人いた。

「名前くらいは覚えていってもらおうか…あの“丸刈り君”には!!」
戦意を漲らせる瑛太だった――



BUNGO―ブンゴ― 177話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

試合前からバチバチに火花を散らす両者。
こういう試合前の場面を丁寧に描かれていると、一気に試合の緊張感と臨場感が読み手に伝わりますよね。
そして文吾の新事実が判明しました。
何と文吾は中学生にして「○○○がジュピター級」らしいです(笑)
後もう1つ、河村は中学生にして「○○に目覚めた」らしいです(笑)
気になったらマンガを見てみると笑えるよ!

178話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

次週から試合が始まります。
先攻は富士ヶ丘っぽいですね。
早速、瑛太の新決め球が炸裂するのか、もしくは河村が特大ホームランを打つか。
やるか、やられるかの激しい戦いが見られそうです。
それでは、次週でお会いしましょう!!



好きな漫画を無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料でヤングジャンプを読めます!
この機会にチェックしてみてください。

U-NEXTの無料お試しはこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

漫画も読める動画見放題サイト【U-NEXT<ユーネクスト>】とは?

BUNGOのネタバレ一覧

BUNGOのネタバレ一覧をこちらにまとめてあります。
BUNGOの最新話ネタバレ一覧!