ジャイアントキリング 509話-510話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年2月21日発売日のモーニング2019年12号の最新話!
ジャイアントキリング【第509話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
ジャイアントキリング 508話-509話 最新話のネタバレと考察!城島…執念のオーバーヘッドキック!からの再カウンター!!



ジャイアントキリング 509話のネタバレ

花森からパスを受けた椿大介は想いを込めてゴールへとボールを蹴る。
ボールは緩やかにカーブを描きながら、キーパーの手をすり抜けゴールへと突き刺さる。
その瞬間、誰もが時間が止まったように大きく口を開く。

そんな中で椿がいち早く嬉しさで走り出す。

「逆転ーーーっ!!日本代表…UAEゴールをとうとうこじ開けたーーっ!!」
椿に一瞬遅れ、解説者の声が会場に高らかに響き渡る。
同時に、それに釣られたかのように、客席に詰めかけるサポーター達が雄叫びをあげ、絶叫し、歓声をあげ、すべてが轟音となりて会場を大きく揺らす。

ピッチでは、走る椿がベンチへと向かうと、集まったチームメイトにもみくちゃされる。
皆が弱冠20歳の椿が逆転ゴールを決めてくれたことに称賛し“ヒーロー”だと告げる。

それは遠く離れた日本の地でも同じだった。
サッカー観戦のできるバーでは、ユニフォーム姿のファンが立ち上がって万歳をする。
各家庭のテレビの前でもファンは喜び、椿の家族も息子の偉業を称える。

そしてETU関係者が集まる部屋でも沸きに沸いていた。
椿の所属するETUの監督、達海猛も大絶賛。
広報を担当する永田有里は号泣する始末。

それほどまでにUAEのゴールは固く閉ざされており、待ちに待った瞬間だった。
だが、いつまでも浮かれてはいられない。
何故なら試合はまだ終わっていない。
確かに2―1と逆転はしたが、まだ5分残されている。
ベンチに控え選手達は締めてかかろうと言って椿をピッチに送り出す。

「さあ…か、勝ち…勝つぞ」
ピッチに戻った椿の目には噛みながら、そんなことを話す花森と、それを笑う窪田が映る。
その光景に椿もまた不敵な笑みを浮かべる。

カメラマン達は新たなスター選手の到来に写真を撮り続ける。
椿の背に描かれた大きな“23”という数字を――



ジャイアントキリング 509話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

ここまで何度もスーパーセーブをしてきたUAEのゴールキーパーが椿のシュートには触れることすらできませんでした。
それだけ威力、コースともに強烈だったのでしょう。
そして残り時間5分というタイミングでの逆転ゴール。
正に“劇的”ですね。

510話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

さて、逆転したのは嬉しいですが、だからこそ気を引き締めたいところ。
残り5分で同点に追い付かれたら目も当てられませんからね。
特に気になるのはイスマイールとマチュー監督。
今回の1度も登場しませんでした。
それが不気味に思えるし、何より彼らは絶対に諦めていない。
センターラインから再開されるプレーに要注意!
それでは、次週でお会いしましょう!!



好きな漫画を無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料でモーニングを読めます!
この機会にチェックしてみてください。

U-NEXTの無料お試しはこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

漫画も読める動画見放題サイト【U-NEXT<ユーネクスト>】とは?

ジャイアントキリングのネタバレ一覧

ジャイアントキリングのネタバレをこちらにまとめてあります。
ジャイアントキリングの最新話ネタバレ一覧!