七つの大罪 301話-302話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年2月20日発売日の少年マガジン2019年12号の最新話!
七つの大罪【第301話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
七つの大罪 300話-301話 最新話のネタバレと考察!魔神王メリオダスの中身は父王だった!?桁違いの戦闘力を魅せつける魔神王!!



七つの大罪 301話のネタバレ

メリオダスの身体を乗っ取る父親を追い出すためにバンが駆けつける。
魔神王は薄ら笑いを浮かべながらバンにどう追い出すのかと問う。

バンは脇に抱えていたボロボロのホークをゴウセルに託す。
一人で戦おうとするバンにキングは「不死身だとしてもどうにもならない」と苦言を呈するが、それは間違いだ。
彼は愛するエレインを蘇らせるために、不死身の源たる“生命の泉”全てを使い切った。

バンと魔神王の戦いが始まる――

「…これぞ神の力ぞ」
先手は魔神王であり、放たれた毒気を帯びる高密度のエネルギーが嵐となってバンを周囲全てを襲う。
キングは咄嗟に霊槍の力で、仲間達を囲うが、離れた場所に居たバンは囲えなかった。
外ではどんな生物も耐えられはしないと思うキング。

だが、バンは余裕で耐える。
煉獄での経験が彼に異常な耐久力を与えていた。

ならばと、魔神王は上空から雷撃の様な棘をみまうが、一瞬前にいたはずのバンが消えていることに気づく。

その時、魔神王の横からバンがストレートを放つ。
咄嗟にガードするそれでも威力を殺しきれず頬で受ける魔神王。
その威力は魔神王の手を痺れさすほど。

ダメージを受けたことで“嵐”が解除される。
視界が晴れたことで七つの大罪のメンバーと天使兄弟が見たものは、魔神王と互角に殴りあうバンの姿。

「貴様一人で我をどうにかできると本気で思ったか?」
それでも、やはり地力は魔神王が上であり、膝を着くバン。
得意気な魔神王だが、次の瞬間、腹部に強烈なダメージを受けよろける。

それはバンの力でもあり、バン以外の力でもある。
彼をよく知る者は魔神王の中に彼を見る。

精神世界――

「戻ってきたか息子よ…だが思い通りにはさせぬ…我は魔神王!死と恐怖をもたらすことが使命であり役目なり!!」
言葉と同時に巨大な剣で、メリオダスを叩き斬る。

魔神王の一撃を回避しながらメリオダスは頭部に強烈な肘打をみまい、吹き飛ばす。

「それがお前の罪だぜ!!!」

煉獄を脱出したメリオダスの感情が現世に復帰する。
精神と肉体、内外で連携するメリオダスとバンだった――



七つの大罪 301話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

遂に、遂にメリオダスが煉獄から帰還しました!
やっぱりカッコいい…大人版のメリオダスのイケメンでしたが、やっぱり彼はいつもの姿こそ一番だと思います!
そして、バン…インフレしすぎ(笑)
煉獄って修行ゾーンだっけ?って思ってしまいましたよ…。

302話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

次週のタイトルは【みんながキミを待っている」だそうです。
この台詞はキングのものに思えますが、どうでしょう。
メリオダスの存在を確認した彼らがいつまでもバン一人に任せている訳がないです。
ただ現状、七つの大罪の中でマーリンとエスカノールとゴウセルは戦線離脱しており、戦えるのはディアンヌとキングぐらいでしょう。
現実では3人が共闘し、精神では煉獄を抜けたメリオダスがインフレした力でボコボコに!
という流れのはずです(笑)
それでは、次週でお会いしましょう!!



好きな漫画を無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で週刊少年マガジンを読めます!
この機会にチェックしてみてください。

U-NEXTの無料お試しはこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

漫画も読める動画見放題サイト【U-NEXT<ユーネクスト>】とは?

七つの大罪のネタバレ一覧

七つの大罪のネタバレをこちらにまとめてあります。
七つの大罪の最新話ネタバレ一覧!