鬼滅の刃 146話-147話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年2月18日発売日の少年ジャンプ2019年12号の最新話!
鬼滅の刃【第146話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
鬼滅の刃 145話-146話 最新話のネタバレと考察!善逸が編み出した幻の型――漆ノ型“炎雷神”!!目にも映らない迅雷が兄を斬る!!



鬼滅の刃 146話のネタバレ

雷の呼吸、漆ノ型“炎雷神”をボロボロの身体で繰り出した善逸。
確かに獪岳を倒すことは出来たが、その代償は大きく、気を失い落下していく。

同時に落ち逝く獪岳は善逸に敗北を受け止められないでいた。
自分は負けてはいない。
自分も死ぬが、善逸も落下して死ぬ。
などと、情けないことを考えていた。

「独りで死ぬのは惨めだな」

その時、愈史郎が現れる。
珠世の力で鬼となった者であり、彼女から隊員の救護及び援護を命じられている。

愈史郎は善逸を肩に担ぐと、何でもないかのように壁を蹴り上がり善逸を助ける。

その善逸はというと、三途の川を挟んで祖父と会っていた。
結局、獪岳を殺すことになってしまったことを詫びる善逸。
彼は祖父に嫌われたくない一心で、涙ながらに自らの罪を後悔を独白するが、それでも祖父は何も答えてくれない。
堪らず三途の川に足を踏み入れるも、彼岸花が足に絡みつき、前に進めない。
焦る善逸。

「善逸、お前は儂の誇りじゃ」
祖父はそれだけを、善逸と同じく涙を流しながら伝える。

その頃、現実では善逸の手当てが必死をされていた。
手当てするのも愈史郎であり、周囲を善逸の友である村田が守る。
愈史郎は珠世が開発した“血鬼止め”なる薬や、止血剤などを使うが、あまり効果はない。
助かるかは微妙なラインと言えた。
それでも珠世の命令どおり、救助をやめることはない。

「…まずいな、遭遇する」
しかし、異様な気配を感じ、鴉の視点を共有しする。
そこに映る人物とは――

――上弦と全く遭遇しない…無惨のいる場所はまだ遠いのか!?――
――他のみんなは、まだ無事なのか!?――
――しのぶさん…きっと勝ちますから…きっと皆が…俺たちが!!――

そんなことを脳裏で思いながら走る炭治郎。
だが、次の瞬間、轟音と地が揺れる。
発生箇所は天井であり、嗅いだことのある匂いに反応する炭治郎。

「久しいなァ…よく生きていたものだ…おまえのような弱者が」
崩壊した天井からは、因縁の相手、“上弦の参”猗窩座が現れる。

怒る炭治郎と猗窩座の戦いが始まる――

そんな中、珠世は肉の繭となった無惨に捕らえられたまま、取り込まれようとしていた。
今も刻々と人間に戻る薬を分解し、珠世を取り込む。
彼女もまた助けを必要としていた――



鬼滅の刃 146話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

善逸の安否が気になるところですが、遂に炭治郎の戦いが始まります。
その相手は、あの猗窩座とくれば燃えないわけがない。
善逸の必殺技に胸アツでしたが、今度も激しい戦いが見れそうでワクワクしています!
炭治郎は今度こそ猗窩座を倒せるのかな?

147話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

着々と戦いが始まり終わる中、遂に炭治郎の番。
側には義勇さんがいますが、共闘して戦うのでしょうか。
炭治郎の素の実力では上弦の鬼に相対できるほどではないと私は思います。
なので、炭治郎としては癪かもしれませんが、プライドや拘りは捨てて、共闘するべきだと思います。
まあ危なくなるまでは一人で頑張るんだ!(笑)
それでは、次週でお会いしましょう!!



好きな漫画を無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、週刊少年ジャンプが読めるFODがオススメです。

FODは1ヶ月の無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
この機会にチェックしてみてください。

FODの無料お試し登録はこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】とは?

鬼滅の刃のネタバレ一覧

鬼滅の刃のネタバレをこちらにまとめてあります。
鬼滅の刃の最新話ネタバレ一覧!