食戟のソーマ292話のネタバレと考察!恵の異能は盛り付け!?司は剣術!?

前回のあらすじ

ノワールの作った品は、遠月学園の「料理人の顔が見える料一皿」こと必殺料理(スペシャリテ)に並ぶものでした。つまり、今回の課題は今この場で必殺料理を出せという物なのです。
「兵装料理(デッシュ・アームド)」の使い手と呼ばれる女軍曹、サージェ。他にも、ピエロの様な風体の太った料理人、「調理場ピエロ」マルカンタ「見世物料理(デッシュ・サーカス)」や、肉から血を吸出し、ダシや調味料に変える「赤黒の処刑人」ことクロード・ビル「デッシュ・ブラッド」の使い手、断頭台で牛肉をスライスする通称「跳ね回る狂気」バニーヘア「加虐料理(デッシュ・サディズム)」の使い手などが登場しました。
そしてソーマたちはノワールたちの「異能」と同じく、「異能の鱗片」と持つものだと示唆されます。ここまでが先週号の内容です!

食戟のソーマ292話のあらすじ

遠月学園で育った料理人たちは自身の技を深く究めつつあり、それがブックマンたちが言うところの「異能」と称するに近い次元まで進んでいると元学園長の仙左衛門は言います。

初めて聞く「異能」という言葉に疑問を持ちつつも、必殺料理を出してみろというお題に全力で向かうことを宣言する司。

その手に取りだしたのは「グレーター」と呼ばれる調理器具でした。

本来であれば、チーズやレモン、トリュフなどを細かくすりおろすことに使うものですが、彼が取り出したのは剣のように長いグレーターでした。

「さぁ、切り合おうか・・・!」

剣術のような突きの調理動作で、牛フィレ肉をおろしていきます!

司の会得した「剣技」は食材とより深く対話するためのものであり、ノワール達にも引けを取るものではありませんでした。

対して恵は塊肉のままオーブンで加熱していきます。

そして、熱を入れる仕上げとして細かいカッティングとバーナーであぶることを繰り返していき、完成したのは大輪の牡丹のような料理でした。

恵は諸外国を巡り、美味しさを増大させるアレンジの能力「魅せる料理」を習得したのです。
更にアルディーニは大会に苦言を呈しながらも自身の器具ケースへと手を伸ばします。

「俺も“裏”の方々ほどではないが、少し変わった道具を持っているのでね―――」

そこから取り出したのは、秋の選抜で挫折を味わったメッザルーナでした。

遠月学園の生徒の異能の鱗片を見ながら、隣の城一郎に息子であるソーマの異能について聞きます。

「あるわけねーだろ・・・そんなもん!創真はただのちっぽけな定食屋の倅だぜ?そんな奴がノワールなんて連中を相手に渡り合えるわけねーだろうがよ。・・・普通なら・・・な・・・」

先ほどまで睨まれていたソーマがニヤリ、と笑います。

そこでシーンはバトルフロアと呼ばれる四方を白い布、上方を観客で囲まれた調理場に移ります。

そこでは第一試合の対戦する料理人が了解されていました。
赤コーナーから現れたのはノワールであるサージェ。

対して、青コーナーから現れたのはソーマでした。

ソーマに対し怪訝な表情をするサージェ。

「何者なのだ・・・貴様は・・・!?見せてみよ!!貴様の「異能」を!!!」
「・・・異能。異能ねえ・・・」

そのソーマのつぶやきとともに調理開始のコングが鳴り、今週号は終了しています!

食戟のソーマ292話の感想と考察

今回は先週号のノワールたちの異能に対して、遠月学園の面々の異能が紹介されていくといった内容になっていました。

しかし、そんな中ソーマだけは何も紹介されず、異能も想像しにくいといった状況になっています・・・。

今週号は読んだ後で来週が楽しみになりますね!

それぞれの「異能」というのが、武器を示しているのか得意料理を示しているのかわかりませんが、ソーマ以外の全員の能力が紹介されました。

しかし恵以外は目新しいといった感じではないですね(笑)ソーマは今までの料理のスタンスからも何か特異なものというよりはすべてを吸収していくような能力なのではないでしょうか?

食戟のソーマのネタバレ一覧

食戟のソーマのネタバレをこちらにまとめてあります。
食戟のソーマの最新話ネタバレ一覧!