呪術廻戦40話 最新話のネタバレと感想!

呪術廻戦40話のあらすじ

京都姉妹校交流会ー団体戦7-

禅院真希と三輪霞の戦いが始まり、三輪は真希の姉妹である真衣との話を思い出します。

呪いも見えない、呪具振り回すだけの一般人、万年4級のただの雑魚。

そう聞かされていたのに三輪は防戦一方。

「真衣の馬鹿!この人滅茶苦茶強い!」

真希の長物に対して三輪は太刀。間合いを詰めたいものの受けるだけで精一杯です。

どうにか反撃に出たい三輪は、シン・陰流 簡易領域を発動します。

三輪の簡易領域は領域内に侵入したものを全自動(フルオート)反射で迎撃するもので、更に
正面の敵に対して最速で攻撃するというもの。

まずは真希の厄介な呪具を払って隙を作りたいと考える三輪の考えを、真希は読んでおり
自らの武器を二つに折って、三輪に投げつけます。

迎撃する三輪でしたが、真希が同時に投げつけていたクナイのような暗器が囮となり
真希に接近を許します。

体制を整えたい三輪でしたが、真希の合気に投げ飛ばされます。起き上がる三輪でしたが
その手は空っぽ。

「いい刀(もん)持ってんじゃん」と三輪の太刀を奪います。武器を奪われた三輪は青ざめます。

そんな二人の戦いを見守る教師たち。

動物を使って戦況を映像として送っている1級呪術師 冥冥(めいめい)。

虎杖悠二の映像がよく切れることに対して、五条悟は

「ぶっちゃけ冥さんってどっち側?」とほかの教師もいる中でぶっちゃけます。

「私は金の味方だよ」という冥でしたが、どうやらかなりの金を積まれている模様。

悟は悠二の心配はしているものの、京都側が何を企んでいても悠二なら大丈夫と信頼を見せます。

本来の趣旨である呪霊を祓う戦いは1対1の状況で、舞台は釘崎野薔薇と西宮桃の戦いへと移ります。

ほうき型の呪具で空を飛ぶ西宮に対して釘崎は防戦一方です。呪力の風を使った遠距離攻撃で守りを固めるのに必死の釘崎に対して、西宮はほうきを遠隔操作して追撃。釘崎の顔面にほうきがヒットします。

「よくも私の御尊顔を…」と怒り心頭の釘崎。

圧倒的に優勢な西宮は語り始めます。

「女の呪術師は実力があってもカワいくなければナメられる。」
「当然、カワいくっても実力がなければナメられる。」

女の呪術師に求められるのは実力ではなく「完璧」と

そして禅院真衣はそれ以上の「理不尽」と戦っている、と

長々と語る西宮に釘崎がキレます。

「テメェが面倒くせぇのは分かったよ」

呪術廻戦40話の感想と考察

今回は禅院真希の圧倒的な強さの回でした。
呪力のない彼女ですが戦闘経験値の高さを見せつけました。

三輪の能力もかなり高いし一対一ではかなり使えると思いますが
流石に分が悪いようでしたね。武器を取られた後の表情が
彼女の残念キャラを印象づけてました。

教師たちは色々と企みを持っているわけですが、五条悟の虎杖悠二への
信頼を強く感じました。師弟感みたいな。

ここまでは東京側が優勢ですが、西宮の能力に対して釘崎は少し相性が悪そうで
心配です。ですが、あの釘崎がやられっぱなしってことはないでしょうし、性格の悪そうな二人の
バトルは喋りを含めて楽しそうです。

きっといつかは京都メンバーとも仲間として戦うことに
なるでしょうが、きっとこの二人は相性わるいでしょうね(笑)次回も楽しみです。

呪術廻戦のネタバレ一覧

呪術廻戦のネタバレをこちらにまとめてあります。
呪術廻戦の最新話ネタバレ一覧!