罪と快 40話-41話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年2月15日発売日のヤングガンガン2019年No.05号の最新話!
罪と快【第40話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
罪と快 39話-40話 最新話のネタバレと考察!善は緊縛のないデートを望むが、事態はよりアブノーマルへ!?



罪と快 40話のネタバレ

水族館に普通のデートをしにやって来た善とアヤメだったが、何故かいつものようにアブノーマルなプレイにすることになってしまう。

納得できない善は最後までデートを続けたいと言うのだが、ベンチに腰かけるアヤメは善は「足を舐めろ」と告げ右足を前に出す。
その対価として、舐めたらお願いを聞いて欲しいと言う善。
アヤメは二つ返事でOKする。

ドキドキしながらアヤメの靴を脱がした善は、徐に足を持つとゴクリと喉を鳴らす。
意を決して舐めようとするが、待ったをかけられる。

アヤメは善にストッキングの上からではなく、直に舐めることを強要し、しかもストッキングを手を使わずに脱がせろと告げる。

基本的に受け身の彼はどうすればいいか分からず困惑する。
その上、アヤメの履いているストッキングはスカートに隠れている。
つまりスカートの中に触れるということであり、無理だと思ってしまうが。ふいに彼女の唇が目に留まり、真意に気づく。

つまり、アヤメは口を使って脱がせろと言っている。
口にストッキングを加え脱がし始める善だが、引っ張り過ぎて破れてしまう。
破れはしたが、何とかつま先を露にした善は舐め始める。

犬のようにペロペロと舌を這わすと、アヤメの口から吐息が漏れる。
その時、善は嬉しいと感じた。

もっと彼女の感じる様を見たいと夢中で舐めていると、突然、局部に刺激が走る。
アヤメの左足が善の股関を弄んでいた。
アヤメはもっと感じたいならズボンのチャックを下ろせと言い放ち、欲求が我慢できず従う。

今までズボンを脱がすのも、気持ちよくするのも、全てはアヤメがする行為。
善は常に与えられる快感を「縛られて抵抗できない」という言い訳で誤魔化し享受していた。
それを自ら求めたことで気づく。

お互いが、お互いの望みを叶える。
それは歪んだ願望を持つ自分達にしか出来ないこと。
例え、彼女のことを知らなくても、彼女がどうでもいいと思っていたとしても、繋がりがあればそれでいい。
この歪な関係が変わらず続くことを望む。

それを木陰から見ていた梨沙は、動画を撮っていた。
彼女は津崎に見せてアヤメに対して幻滅させ、振り向かそうと企むのだった――



罪と快 40話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

野外でアブノーマルに走る二人。
そんなところで、そんなことしてるから動画に撮られるんだと言いたい。
善とアヤメの関係については、もう言うことないですね。
当人が良ければそれでいいと(笑)
結局、善にしろアヤメにしろ、依存しているのだと私は思います。
それは改善しようと思ってできるほど軽い欲求じゃないのでしょう。

41話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

次週は津崎のターンでしょう。
梨沙は津崎が幻滅すると思っていますが、彼もまた嗜虐的で普通ではない欲求を持っています。
アヤメの秘密を握って喜ぶことはあっても、幻滅することはないでしょう。
哀れ梨沙……。
それでは、次週でお会いしましょう!!

罪と快のネタバレ一覧

罪と快のネタバレをこちらにまとめてあります。
罪と快の最新話ネタバレ一覧!