Be Blues!~青になれ~ 365話-366話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年2月13日発売日の少年サンデー2019年11号の最新話!
Be Blues!~青になれ~【第365話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
Be Blues!~青になれ~ 364話-365話 最新話のネタバレと考察!最後のカウンター!仕掛けるのこの男――桜庭!?



Be Blues!~青になれ~ 365話のネタバレ

体力の限界まで走り、ゴールラインぎりぎりでキープした桜庭。
彼の体力は最早残っておらず、自らのプライドよりも勝利を優先し、走りよる龍へと最後のパスを出す。

その時、会場にいた者の中で桜庭という人間を知っている人々は驚愕する。
全ての人間が「プライドの塊の様な人間である桜庭がまさかパスを出すとは」というような思いを抱いていた。

だが、そのパスが龍へ託されたモノだと気づいている人は、かなり少なかった。
龍の幼馴染の青梅優希が龍の存在を告げる。
同時に、彼の後ろ走る仲間が、声援を贈る。

猛ダッシュのまま蹴られたボールは、レッズユースのゴールを揺らす。

「うおおおお!!」
龍の叫びにガッツポーズをする桜庭だった。

試合後――
龍、優人、優希の3人は一緒に帰宅の道を行く。
興奮したままの彼らと彼女は試合を何度もふりかえる。

やっぱり桜庭のパスが信じられないよと告げる優希。

しかし、優人はそれを否定する。
ただ一人それを信じていた人間を指差しながら。
彼は、龍へ自陣から猛ダッシュしたのは信じていたからだろうと問う。

問われた龍は笑いながら「身体が動いただけだ」と話す。

その後の話題は、立彦のこと。
小学生時代にチームメイトだった立彦は、今やレッズユースのエースであり、年代別の代表に選ばれ、そこでも中心選手。
別次元と言ってもいいほどの成長ぶり。

「龍ちゃん、立彦に負けないで…今日は勝ったとかそういうのじゃなくてっ…その…」
しどろもどろの呟きだが、彼女の顔は真剣そのもの。

それを聞いた龍は笑みを浮かべながら、立彦の凄さを認めると同時にそれでも“ついていけてる”と言い切る。

その時、優人の携帯に立彦から着信が入る。

「優人!龍!優希!オレさ、さっき…トップにいけって!!」
彼は興奮のまま、監督からJ1に行けと言われたと告げる。

「龍!オレ、プロになるよ!あした!!」
ついていけると確信したはずだったが、立彦からの吉報が龍の心に突き刺さる――



Be Blues!~青になれ~ 365話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

前半のページで勝利が決まってしまった…いや、勝ちはいいんです…。
でも先週の予想が大ハズレでちょっと凹む。
いつもは微妙にでも、掠る程度には当たっているのに、今回は完全にハズレました(笑)
恥ずかしいので、どう予想したかまで書きません!…書けません!!
見ないでくれると在り難いです。
あっフリじゃないので、ホントに…。

366話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

試合も終わったので考察しようにも参考になるものがないですね。
立彦のプロ入りということですが、すぐに試合とはならないはず。
となれば、試合後の夜、帰宅した龍が焦りの心情を語るか、もしくは次の日の練習に上の空で参加とかでしょうか。
ちょっと分からないので、素直に次週を楽しみにしましょう!
それでは、次週でお会いしましょう!!



好きな漫画を無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で週刊少年サンデーを読めます!
この機会にチェックしてみてください。

U-NEXTの無料お試しはこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

漫画も読める動画見放題サイト【U-NEXT<ユーネクスト>】とは?

Be Blues!~青になれ~のネタバレ一覧

Be Blues!~青になれ~のネタバレをこちらにまとめてあります。
Be Blues!~青になれ~の最新話ネタバレ一覧!