ダイヤのA act2 156話-157話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年2月13日発売日の少年マガジン2019年11号の最新話!
ダイヤのA act2【第156話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
ダイヤのA act2 155話-156話 最新話のネタバレと考察!本気の青道を引っ張り出す由良総合!それは彼らにとって“絶望”か!?



ダイヤのA act2 156話のネタバレ

4回の裏、青道の攻撃――
キャプテン御幸のソロホームランで同点に追いつく青道。
5番ゾノがホームランとはいかないまでも、それに近い強打を打ち二塁へと駒を進める。

続く打者、6番東条。
彼は由良総合エース東山を見つめながら、脳裏でミーティングを思い出していた。

エース東山はストレートが持ち味であるがスライダーも多用する。
もっとも、今日のスライダーはあまりキレがない。
しかし、受身になって考えすぎれば相手の思うツボだと片岡監督は言う。
彼の指示は一つ「打てる球来たら迷わず振れ」というのもの。

それを思い出しながらも、2球続けてストレートを打たれたことでスライダーがくると確信する東条。
予想通りの球をライトに打ちこむ。

二塁にいたゾノは三塁も回り、ホームに生還し見事勝ち越す。

勝ち越しに沸くベンチの中、沢村が戻ってきていた御幸に主砲を喜ぶと同時に、自らの拳を突き出す。

「エース一人じゃねぇぞ…チームを背負ってんのは」
そう言って突き出した拳に、自分の拳をあわす御幸にハッとする沢村。

その後もワンアウトを取られるも青道の攻撃は続き、迎えるは9番川上ことノリ。
現状、一塁と三塁に青道の選手が陣取る。
青道はここでスクイズに出る気マンマン。

当然、由良総合の榊監督も分かっている。
だが、警戒しすぎて、カウントを悪くすればするほど、相手に選択肢を増やす。
ならば、一塁ランナーは放って、三塁ランナーだけに注意しろという指示を出す。

一球目――
放たれると同時に飛び出す一塁ランナー。
ノリはそのボールをファールにする。

その光景に観戦する記者はスクイズではなく、ランエンドヒットかと思う。

片岡監督と榊監督の両者が細かく指示を出し合う。

二球目――
ノリがバントの構えを見せ、東山を揺さぶる。

榊監督は1球はずし、スクイズのほうがいいかと思案するも、そうではなく、スクイズだろうが打とうがゾーンで勝負しファールか空振りを求める。
つまりは現状維持だ。

三球目――
またも放たれると同時に走る一塁ランナー。
これに東山は気づいていたが、好きに走れと渾身のストレートを投げる。

対してノリは、これをライト方向に転がす。
その間に三塁にいた東条が帰還し、3点目を奪う。

思わず天を仰ぐ榊監督。

観戦していた八弥王子は、自分達の試合が近いとアップに入るのだった――



ダイヤのA act2 156話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

最初にお詫びがあります。
由良総合との試合が始まってからですが、青道と由良総合の攻守の順番を間違っていました。
先攻が由良総合で、後攻が青道です。
なので、各回の表は、由良総合が攻撃で、青道が守りです。
反対に、各回の裏は、青道が攻撃で、由良総合が守りです。
これを、今までの記事で、何度か逆に扱っていました。
混乱された方には大変申し訳なく思います。
すみませんでした…。

157話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

先週の考察が微妙にだけど当たってよかった…。
今回で一挙に3点を奪い、尚も青道の攻撃が続いています。
次は10番、11番ですが、東山くんが意地を見せてスリーアウトを取るか、流れが変わらず一巡するか。
どちらにせよ八弥王子が言ったように決着は早そうですね。
それでは、次週でお会いしましょう!!



好きな漫画を無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で週刊少年マガジンを読めます!
この機会にチェックしてみてください。

U-NEXTの無料お試しはこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

漫画も読める動画見放題サイト【U-NEXT<ユーネクスト>】とは?

ダイヤのA act2のネタバレ一覧

ダイヤのA act2のネタバレをこちらにまとめてあります。
ダイヤのA act2の最新話ネタバレ一覧!