ブラッククローバー186話 最新話のネタバレと感想!

ブラッククローバー186話のあらすじ

時は少し遡り、バネッサ達がドロシーに転生したレーヴにより“幻惑の界”へと連れて行かれた直後のこと。
パトリとエルフに転生したゴーシュの合体魔法“断罪光帝剣の嵐”(だんざいこうていけんのあらし)によりアジトが細切れにされてしまう。
アジトの上層部に居たアスタ達は地面へと落下するも、ゴードンの毒呪詛魔法“毒雲の棲家”からグレイの変身魔法“マジックコンバート”の連携技により間一髪で助かる。
その隙をにゴーシュに転生したドロワと、ゴーシュの妹、マリーに転生したエクラを置いて、影の王宮へと向かうエルフ達。

だが、アスタ達にそれを止めることはできない。
彼らは最早限界に近い。
アジト魔法の酷使によりヘンリーは魔力が切れかけ。
ノエルも纏っていた“海神戦乙女の羽衣鎧”(ヴァルキリードレス)の反動で体がついていかない。
それはゾラやアスタも同様だった。

そんな彼らを見つめる団長ヤミは激励を飛ばす。
「やられるなバカヤロー共ォォォー!今ここで限界を超えろ!!」
リヒトを放っておく訳にもいかず、この場はやはり彼らに託すしかなかった。
気合いを込めて返事をするアスタ達を信じて、リヒトを追うのだった。

「気合いじゃどーにもなんねーぞ、人間」
ゴーシュの瞳で冷たい目をするドロワと無表情なエクラが未だ辛うじて動けるアスタ、ゴードン、グレイ、ヘンリーへと襲い掛かる。
鏡魔法と瞳魔法の合体魔法“爾縦視の瞳”(リフレクト・アイリス)を発動する。
「…見て…」
ドロワの鏡魔法でアスタ達の周囲全てに鏡を出現させ、更にエクラが瞳魔法で鏡の中からアスタ達と視線を交わす。
(こ…れは!?…体が…動かない…それに…魔法も…?)
そう、その効果は瞳を見た者の動きと魔力を束縛する。
「魔法一つ使えず、無抵抗のまま死んでいけ…!」

しかし、黙ってやられるアスタ達ではない。
元々魔力がないアスタは気合で体を動かし、手にした黒剣から黒いオーラが噴出す。
それらが皆を拘束する魔法の効果を消し去る。

ドロワはアスタの剣を見て呟く。
「あれは…リヒトの…滅魔の剣…?」
アスタが使うには過ぎたる物だと奪いに掛かる。
鏡魔法で鏡と鏡を発射させ、広範囲のレーザーを放つ。
ただし、その魔法は黒の暴牛のメンバーこそが最も知っている魔法であり、対処することは造作もない。
「どれだけ強力になっても…ゴーシュ先輩の魔法はよく知ってる…」

この時、メンバー皆の心に火が付いた。
アスタは彼の理不尽は魔法に。
ゴードンは彼の口の悪さに。
グレイは重度のシスコンに。
ヘンリーはただただ気持ち悪さに。

「痛い目見してでも元に戻して絶対に文句言ってやる!!!!
四人の叫びが想いと共に重なり合う。

まだその力の大半を見せていないドロワとエクラは更に強力な魔法を使うつもりのようだった。

ブラッククローバー186話の感想と考察

ブラッククローバーは記事にしていて、とても楽しくてやりやすいです。
体育会系のノリっていうのはやっぱりジャンプあるあるのような気がします。
前回、ラックとマグナの合体魔法が炸裂した所まででしたが、今回はその続きではなく、分断されてしまったアスタ側の話でした。
かなりギリギリな状況ですが、アスタ達はドロワとエクラの魔法を打ち破り、無事にゴーシュとマリーを取り戻せるのでしょうか。
それとやはり出てきた、アスタの剣。
彼の持つ剣の謎が、この章のキーパーソンになっていると思います。
次回も楽しみにしています。

 

ブラッククローバーのネタバレ一覧

ブラッククローバーのネタバレをこちらにまとめてあります。
ブラッククローバーの最新話ネタバレ一覧!