OUT 154話-155話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年2月12日発売日のヤングチャンピオン2019年5号の最新話!
OUT【第154話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
OUT 153話 最新話のネタバレと感想!皆川状介の狂気が丹沢敦司に平凡な幸せを齎す!しかし、3年後…事件は起こる!?



OUT 154話のネタバレ

成長し斬人に入った丹沢は、ある日、皆川状介から“誰にも見つからずに廃工場に来い”と言われた。
言葉通り、夜遅くやってきた丹沢だが、そこには血塗れの弦巻良樹がいた。

状況が分からない丹沢は息を殺し、物陰から伺いつつ思案する。

皆川は“誰にも見つかるな”と言った。
それはつまり、この場にいる人間に見つかるとマズイということ。
そして、以前から斬人に裏切り者がいる可能性があると聞かされていた。
であれば、この場にいる良樹がそうなのかと思う。
だが、一概にそうも言えない。
良樹は皆川と要の二人と同じぐらいに信用できる人間である。

何も答えが出ない中で、とりあえず皆川と合流することを優先する丹沢。

良樹が歩いてきた方向に進むと、一軒のボロボロの工場があった。
入り口付近は暗かったが、構わず奥へ進む。

そこには、横たわる彼がいた。
屋根が崩れ、そこだけ光が差し込める中、おびただしい量の血が床を染めていた。

呆気に取られる丹沢は千鳥足で近づき、血で汚れることも厭わず膝をつく。
両手で皆川の身体を揺すり“起きて”と声をかける。

――だけど、お前がもし死んじまったら…俺はスゲェ悲しいよ…――

何度も何度も声をかけるが返事はない。

――俺は…オメェが生き残ってくれてりゃ、それでいいや――

3年前、罪を犯してまで自分を救ってくれた人の“死”を否応なしに感じ、涙が溢れる。

――ゴボッ――
そんな濁音混じりの咳と共に血を吐き出す皆川。
皆川が生きていると知った丹沢は、彼に声をかけ救急車を呼ぶと言う。
しかし、皆川はソレを制止する。

声は聞こえど、目は見えない。
そして血が流れきっており、丹沢からは見えないが横たわる背の裏に内臓がこぼれ落ちている。
もう手遅れなのだ。

誰よりもソレを知っている皆川は、丹沢に最後の頼みを告げる。
それは――

時は現実に戻る――
亡き皆川の形見たる特効服を着て佇む丹沢。
背格好が異なるため“着る”ではなく“着られる”と言える姿。
女顔も相まって、ちょっと変わった七五三のようだ。

当然、集まっている斬人のメンバーから盛大な笑いが巻き上がる。

それでも、今日この日、弦巻良樹を倒し狂乱鬼を解体するには、これ以上に相応しいモノはない。
工場へと先頭を歩く丹沢。
その背後を斬人のメンバーが続く。

決戦が迫る中、件の良樹は一人、夜空に浮かぶ満月を眺めていた。
その胸中は――



OUT 154話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

あれはアカンよ…あの死はトラウマレベル。
確かにね、皆川は決して誉められる人間ではないでしょう。
赦されざる罪を何度も犯しただろうし、きっと皆川を殺したいと思う人は多かったはず。
でも、それは丹沢だって、良樹だって、もっと言えば彼らはみんなそうでしょ。
それなのに、一時の感情であそこまでするか……。
残された丹沢達を思うとやりきれない。

155話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

さて、今回で皆川と丹沢の過去編が終わりました。
ということは、次週からは斬人VS狂乱鬼に戻るでしょう。
すぐに決戦とはいかないでしょうが、誰かしら戦うことになるのではないかと思います。
ただ、気になるのは軽部玄也の行動でしょうか。
彼は、やはり狂乱鬼と繋がっているのか。
それでは、次週でお会いしましょう!!




好きな漫画を無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で週刊ヤングチャンピオンを読めます!
この機会にチェックしてみてください。

U-NEXTの無料お試しはこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

漫画も読める動画見放題サイト【U-NEXT<ユーネクスト>】とは?

OUTのネタバレ一覧

OUTのネタバレをこちらにまとめてあります。
OUTの最新話ネタバレ一覧!