鬼滅の刃139話 最新話のネタバレと感想!

鬼滅の刃139話のあらすじ

産屋敷耀哉、享年二十三歳。
病の進行により足腰が立たず、床に伏せるまで、彼は亡くなった鬼殺隊員の墓参りを一日も欠かした事が無かった。

岩柱、悲鳴嶼行冥(ひめいじまぎょうめい)の回想は続く。
悲鳴嶼が産屋敷と初めて会ったのは、産屋敷が十四、悲鳴嶼が十八の頃だが、既にその立ち振る舞いが自分よりも年下とは思えなかった。
その頃の悲鳴嶼は、世話をしていた幼子から人殺しの濡れ衣を着せられていた。
産屋敷は「人を守るために戦ったと知っている。人殺しではない」と悲鳴嶼が心から欲していた言葉をかけるのだった。
産屋敷の人柄は死ぬまで変わることはなかった。

産屋敷は告げる。
ただの勘だが五日後に訪れであろう鬼舞辻無惨を自身を囮にしてでも殺してくれと。
だが、それは勘ではないと悲鳴嶼は知っていた。
産屋敷一族の勘は“先見の明”とも呼べるほどであり、一種の未来を見通す力である。
他の柱では産屋敷自身を囮にすることに納得はしないと分かっていたからこそ、悲鳴嶼は涙しながらもその願いを聞き届けた。

場面は戦いへと戻る。
棘つきの鉄球にて無惨の頭を木っ端微塵にするが、それでも死なない。
産屋敷は、無惨を殺す事ができるのは日の光のみであり、そのためには朝になるまでこの場に釘付けにしなければならない。

今までの鬼を凌駕する再生速度と爆破の影響と珠世による弱体化。
それを考慮しても、岩柱、悲鳴嶼が拘束し続けることは困難であった。

無惨が鬼血術、黒血枳棘(こっけつききょく)により体中から茨を出し、悲鳴嶼を襲う。
対する悲鳴嶼は岩の呼吸参ノ型、岩躯の膚(がんくのはだえ)で防御する。

そこへ駆けつける柱達。
「テメェかァアア、お館様にィイ何しやがったァアーー!」
不死川実弥(しなずがわさねみ)の怒号が響き渡る。

続々と集結する柱達へ目の前の鬼が全ての元凶である鬼舞辻無惨だと悲鳴嶼が叫ぶ。
その瞬間、駆けつけた柱と炭治郎の全員が動く。

霞柱、時透無一郎(ときとう むいちろう)が霞の呼吸、肆ノ型
蟲柱、胡蝶しのぶ(こちょう しのぶ)が蟲の呼吸、蝶ノ舞
蛇柱、伊黒小芭内(いぐろ おばない)が蛇の呼吸、壱ノ型
恋柱、甘露寺蜜璃(かんろじ みつり)が恋の呼吸、伍ノ型
水柱、冨岡 義勇(とみおか ぎゆう)が水の呼吸、参ノ型
風柱、不死川実弥(しなずがわさねみ)風の呼吸、漆ノ型

柱達は自身の必殺技を放つ。

それは炭次郎も同じだった。
怒りに任せ、ヒノカミ神楽、陽華突を繰り出す。

全ての技が無惨へと炸裂する瞬間、不気味に笑う無惨。
地面に現れる地の底へ続く扉の開いた建物。

吸い込まれるように落ちていく炭治郎達に無惨は勝ち誇り、今宵皆殺しにすると宣言する。
返す刀のように炭治郎も告げる。

「地獄に行くのはお前だ無惨。絶対に逃がさない、必ず倒す!」
「やってみろ。できるのなら、竈門炭治郎」

鬼滅の刃139話の感想と考察

何と言いますか、やはり産屋敷は柱達に本当に愛されていたのだと分かりますね。
死してなお、突き動かす想いは産屋敷が語ったように不滅なのでしょう。
それと、やはり一筋縄ではいかない無惨でした。
彼の特異性は今までの話でも薄らと匂わせていましたが、今回はっきりと不死身と明言されました。
無惨を滅するためには太陽の光を浴びせることですが、建物のような異空間へと誘われた炭治郎達は、無事に脱出し、無惨を滅ぼすことができるのでしょうか。
次回、決戦が楽しみです。

 

鬼滅の刃のネタバレ一覧

鬼滅の刃のネタバレをこちらにまとめてあります。
鬼滅の刃の最新話ネタバレ一覧!