鬼滅の刃 145話-146話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年2月9日発売日の少年ジャンプ2019年11号の最新話!
鬼滅の刃【第145話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
鬼滅の刃 144話-145話 最新話のネタバレと考察!雷の呼吸を共に学んだ善逸と獪岳!人と鬼に別れた兄弟弟子の対決が始まる!!



鬼滅の刃 145話のネタバレ

――圧倒的弱者に跪くことは恥じゃない――
――生きてさえいれば何とかなる――

ある日、鬼殺隊たった獪岳は一人の鬼に敗北した。
上弦の壱を冠する六ツ目の鬼は強大過ぎた。

彼は恥をしのんで土下座し、命乞いをした。
鬼となることを望んだ。

――生きてさえいれば、いつか勝てる、勝ってみせると、そう信じて進んできたんだ――

その鬼は、獪岳の望み通り、特別な血を与えた。
呼吸が使える者を鬼とする場合“あの方”の血を多く飲まなければならない。
もっとも、稀にだが鬼とならない体質の者もいるが、獪岳は違った。

一滴も零すなという鬼の言葉通り、全てを飲みほした。
その時、彼を想像を絶する恐怖が襲った。

それに比べれば、善逸など何の恐怖も感じない。

彼にとって我妻善逸は、いつもベソベソと泣いていた根性なしである。
ソレが師匠と二人で後継だと告げられた。

「死んで当然なんだよオオ!!爺もテメェもォオ!!」
怒りのまま叫ぶ獪岳は、刀を振るう。

雷の呼吸――

弐ノ型“稲魂”

一瞬の間に繰り出される五連撃が善逸を斬りつける。

参ノ型“聚蚊成雷”

流れるように回転しながらの波状攻撃。

人を大量に喰い力を付けた獪岳の凶刃に防戦一方の善逸。
鬼となった獪岳に一般的名な善悪の区別などない。
あるのは自分を正しく評価する者が“善”であり、自分を認めない者が“悪”というだけだ。

伍ノ型“熱界雷”

遠距離から落雷のように一直線に進む雷撃がクリーンヒット。

睦ノ型“電轟雷轟”

部屋中を焼き尽くす雷の嵐が体を焼きつく。

鬼となったことで雷の呼吸であれどソレを超えた力が、善逸を容赦なく死地へと追いやる。
無数に斬られ吹き飛ぶ善逸。
彼の虚ろな瞳に映るのは――

師匠である祖父はいつも獪岳を見習い、兄弟子のようになれと言っていた。
だが、獪岳は壱ノ型が使えないというだけで他の隊員から常に陰口を叩かれていた。
それが許せず殴ったこともある。
しかし、獪岳にとってそれでは何の救いにもならなかった。

獪岳が嫌っていたのは分かっていた。
お互い嫌いだったから。
それでも尊敬はしていた、心から。
ひたむきな努力を惜しまない背中をいつも見ていた。

“特別”だった。
特別で大切な人だった。
でも、それでは足りなかった。

――爺ちゃん、ごめん――
――ごめん、兄貴――

雷の呼吸、漆ノ型“炎雷神”

善逸だけの唯一無二の刃が獪岳の首を飛ばす。
自ら編み出した必殺の型、いつか兄と肩を並べて戦いたいという想いの結晶だった――



鬼滅の刃 145話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

さくっと2話で決着しましたけど、善逸強すぎ!
上弦の鬼を瞬殺って、最早、柱よりも強いんじゃないですか!?
きっと超短期決戦なら誰よりも強くあれるが雷の呼吸の特徴なんでしょうね。
しのぶちゃんが死んだ時はやりきれない気持ちから展開が理解できませんでしたけど、今回はホント満足です。
一度限りの“兄貴”にも痺れました!

146話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

今回はやっぱり炎雷神について話したい。
漆ノ型“炎雷神”はともかくカッコよかったです!
善逸自身が編み出した必殺の型は、壱ノ型と同じように居合い一閃という感じです。
ですが、速度、威力ともに桁違いであり、だからこその漆ノ型なのでしょう。
ただし、その代償としてか、炎雷神は一撃が限界なのかもしれません。
ロマンデスネ(笑)
それでは、次週でお会いしましょう!!



好きな漫画を無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、週刊少年ジャンプが読めるFODがオススメです。

FODは1ヶ月の無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
この機会にチェックしてみてください。

FODの無料お試し登録はこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】とは?

鬼滅の刃のネタバレ一覧

鬼滅の刃のネタバレをこちらにまとめてあります。
鬼滅の刃の最新話ネタバレ一覧!