ハイキュー!! 337話-338話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年2月9日発売日の少年ジャンプ2019年11号の最新話!
ハイキュー!!【第337話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
ハイキュー!! 336話-337話 最新話のネタバレと考察!木兎の“不思議な力”――それが勝者を決める!!



ハイキュー!! 337話のネタバレ

梟谷と狢坂の最終セット。
20対22で迎える重要な局面。
ここで木兎は赤葦に100%ではなく120%を要求する。
二人の交差する視線。

セッター赤葦は、誰にでもトスを出せる中で、誰ならば点を取れるのかと色々考えるが、その答えは至ってシンプル。
“ちょっとやってみたい”
そう思ったからこそ木兎に最高のトスを出す。

応える木兎は強烈なバックアタックを打つ。
そこへ桐生が走りこみ、何とかレシーブをあげるが、その打球はアウトになるのだった。

この時勝負は決まった。
その後は粘る梟坂だが、きっちりマッチポイントで梟谷はぶれず点を獲る。
かくして梟谷学園の勝利となる。

試合後、今年最後の両エースは固く握手を交わす。
お互いの健闘を称えるが、エース対決の分かれ目はセッター以外にも望むトスを要求できるか否かだと木兎は言うのだった。

――木兎光太郎――
――どこまでも前だけを見よん――
――強い奴らの非情さが心地良い――

控え室に戻った桐生は満足気な笑みを浮かべる。

――怖かった――
――個人の不調が敗北の要因になる事は無くても、きっかけにはなってしまう可能性がある――

反対に勝者たる梟谷の赤葦は自らのミスを思い涙していた。
余計なことを試合中に考えてしまったと反省する。

だが、木兎はそれが分かっているなら問題ないと告げる。

ミスではなくとも至らない点は誰にでもある。
試合内容をフィードバックして練習で確実にしていく。
それこそが、彼らがいつもやってきたこと。

フィードバック――“怖い”を“楽しい”に変える作業。

そんな木兎の目標は、いつものように全部拾って全部決めること。
これもまた“ムリ”ではなく“ムズカシイ”に変えることが出来る。

その頃、烏野の試合が始まろうとしていた。
相手は鴎台高校。
小さな巨人を巡る戦いの幕が上がるのだった――



ハイキュー!! 337話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

勝負を決めたのはやっぱり彼ですよね。
あのバックアタックには痺れました。
梟谷は、というか木兎のバックアタックって初めての様な気がします。
今まであったか…ちょっと記憶にないですが、間違っていたらすみません。
確かに練習通りのことを発揮できるのは凄い事ですが、それ以上のものを発揮できる彼らは“凄い”では表せませんでした。
なんと言うか、勝つべくして勝ったなって感じです。

338話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

次週ですが遂にヒナタと星海光来の勝負が始まります。
星海光来の初めての登場回では影山にヒナタ以上と思わせるほどの実力を見せました。
多分現状でもヒナタと星海光来には大きな差があると私は思います。
ですが、ヒナタには驚異の成長力と、トッププレイヤー以上の集中力があります。
それを発揮できれば総合力では負けていても、どこかでは勝てるのではないかと思います。
それでは、次週でお会いしましょう!!



好きな漫画を無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、週刊少年ジャンプが読めるFODがオススメです。

FODは1ヶ月の無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
この機会にチェックしてみてください。

FODの無料お試し登録はこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】とは?

ハイキュー!!のネタバレ一覧

ハイキュー!!のネタバレをこちらにまとめてあります。
ハイキュー!!の最新話ネタバレ一覧!