食戟のソーマ 297話-298話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年2月4日発売日の少年ジャンプ2019年10号の最新話!
食戟のソーマ【第297話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
食戟のソーマ 296話-297話 最新話のネタバレと考察!司と朝陽の刃が交差する!?そしてタクミに異変が!!



食戟のソーマ 297話のネタバレ

サイバ朝陽と司瑛士の料理対決は圧倒的な差で朝陽の勝ちとなる。
そして迎える次の勝負。
対戦者はタクミ・アルディーニと真夜中の料理人、オネエのドン・カーマだ。

しかし、どうやら特等執行官(ブックマスター)によりルールの変更がされたようだ。
一辺倒なトーナメントだと面白くないだろうということだが、その内容は――
何とサポートメンバーを用意して行う団体戦。
今回のお題は『連携によって完成するアミューズ』であり、アミューズとは簡潔に言えばフレンチの前菜、または日本でいう“お通し”だ。

試合開始となる前にドン・カーマはタクミに互いの料理道具を賭けようと提案する。
当然ドン・カーマが欲しいのはタクミの代名詞たるメッザルーナだろう。
それを心酔する朝陽へのプレゼントにしようと企む。

もっとも、タクミからすれば賭けを行うメリットなど何もなく当然断る。

そんなこんなでサポートメンバーの紹介に移る。
ドン・カーマのサポートメンバーは彼と同じようなオネエ軍団。
調理場に卑下面で肩がゴツく、それでも可愛らしい服や、蠱惑的な衣装で登場するオネエ。
場の雰囲気が一気に変わる。

対してタクミのサポートメンバーは、弟であるイサミ・アルディーニしかいない。
彼らはあの連隊食戟の後も、ペアで食戟をし続けていた。

ある日、彼らは遠月の卒業生であり魚介料理を得意とするコンビ料理人、通称「トロ鮪兄弟」と対戦した。
彼らはニューヨークに和食店を構え、二ツ星を貰うほどの実力。

なのだが、何と勝者はアルディーニ兄弟だった。
しかもトロ鮪兄弟との食戟の前に何試合もこなしていた。
その全てで勝ち、最早何連勝かも分からない。

その頃からアルディーニ兄弟を“剛勇の双子”と称すような噂が出だした。

そんな無二の相棒を呼ぶのだが、いくら連絡をしてもイサミから返事がくることはない。
おかしいと思うタクミはふとドン・カーマと視線を交わす。
ドン・カーマは何やら意味深な笑みを浮かべている。
そうイサミはドン・カーマの仲間に捕らえられていた。

タクミは未だ調理に入れない中、ドン・カーマは得意のシェイカーを使ってソースの調理に入る。
ドン・カーマの得意技はオネエ仲間と作るソースにある。

サポートメンバーがおらず“団体戦”というルールを満たせず不戦勝かと思われたその時、創真が現れるのだった――



食戟のソーマ 297話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

うーん…なんと言えばいいのか(笑)
まあしいて言えば、私は創真よりタクミとイサミの兄弟故の連携プレーが見たかったです!
分かってますよ?
主人公が登場するのは仕方ないのです。
でも、今までだって観戦していただけの回もあるので、今回もそうなのかと期待していました!
ライバルと言っていいのか分かりませんが、創真とタクミ二人料理ってのもあまり無い展開なので、それはそれで楽しみですけどね。

298話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

タクミはまだ調理に入っていないので何を作るのか予想できませんが、ドン・カーマの作る品を予想してみましょう。
といっても、フランス料理に詳しくない私には、前菜と言われても思いつくのは、カルパッチョ、テリーヌ、ポタージュ、キッシュ、サラダぐらいしか思い浮かびません(笑)
なのでこの中から選ぶとすれば、ソースが重要なので、やっぱりテリーヌとかサラダでしょうか?
アナタはどれが食べたいですか!?
それでは、次週でお会いしましょう!!



好きな漫画を無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、週刊少年ジャンプが読めるFODがオススメです。

FODは1ヶ月の無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
この機会にチェックしてみてください。

FODの無料お試し登録はこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】とは?

食戟のソーマのネタバレ一覧

食戟のソーマのネタバレをこちらにまとめてあります。
食戟のソーマの最新話ネタバレ一覧!