BUNGO―ブンゴ― 175話-176話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年2月7日発売日のヤングジャンプ2019年No.10号の最新話!
BUNGO―ブンゴ―【第175話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
BUNGO―ブンゴ― 174話-175話 最新話のネタバレと考察!河村幸一という天才の本質!それは努力の天才!?



BUNGO―ブンゴ― 175話のネタバレ

河村幸一という天才の取材に夢中の記者、玄崎千秋。
しかし、彼女はちゃんと記者らしい仕事もする。

富士ヶ丘シニアには、河村以外にも多くの有望選手がいる。

例えば、富士ヶ丘の紅一点、西浦珠希(にしうら たまき)。
彼女は男子に引けをとらないフィジカルを持ち“危険地帯(ホットコーナー)”であるサードを守る。
その上、投手もこなすという、正にオールラウンダー。

他にも、“孤高のエース”碓井和隆(うすい かずたか)。
彼の武器は、強靭なメンタル。
今は強豪だが、過去は弱小だった富士ヶ丘は、味方のエラーが重なることが度々あった。
投手としては、それはかなり苛立ちを産むだろう。
それでも彼が仲間を叱責する事も取り乱す事もない。
どんな状況においても丁寧に淡々と低めにボールを集め続ける。

勿論彼らにも弱点はある。
先にあげた河村と西浦、碓井の3人はポジションも被る事があり、いつもちょっとしたことで言い合いになる。
今も試合前の練習量でバチバチと火花を散らす。
そう、彼らの弱点は協調性の皆無だった。

そんな彼らをまとめるのが皆浦純一(みなうら じゅんいち)。
彼も碓井と共に富士ヶ丘を支え続けた一人。
野球としての単純な能力はそう高くない。
だが、彼には高いコミュニケーション力と知性がある。
今もそうだが、クセの強い主役3人をまとめれるのは彼しかいない。

総合力では静央有利だが、2つの条件が整えば富士ヶ丘が勝てる。
“河村の前に走者が出る”と“河村と勝負してくれる”
やはり玄崎千秋にとってキーポイントとなるのは河村幸一だった。

その頃、文吾は袴田と一緒に上本牧がいる神奈川までやってきた。
あの試合の日のことを謝りに来たのだ。
練習場では必死にバッティング練習をする諸星と砂川がいた。

試合で失礼なことを言ったと謝罪する文吾だが、逆に笑われる始末。
グラウンドで起きた事を外にまで持ち出さないと爽やかに語る諸星。

帰りの電車の中で文吾は、上本牧のことを思う。
彼らは3回戦で敗退し敗者復活戦には出れない。
彼らの夏は終わった。
勝つ度に背負うべき重みが増えることを感じ、それでも自分たちは勝とうと決意を改める。

その頃試合に向けて、練習を続ける鮎川瑛太がいた――



BUNGO―ブンゴ― 175話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

ということで富士ヶ丘の注目選手の紹介回だったのですが、やはり投手層が厚いですね。
更に打撃成績もそこそこいい数字を出しているので、侮れない相手だと感じました。
後は河村幸一の試合での実力も気になります。

後半は文吾達の話でしたが、試合前日という貴重な時間で謝りに行くことができる文吾を凄いと思いましたよ。
それと同時に爽やかに許す諸星と砂川もまたイイヤツです(笑)
……イイヤツって…ボキャブラリーが乏しくてすみません!!

176話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

次週の考察ですが、まあお分かりの通り試合開始となります。
多分先発は鮎川瑛太になると思います。
今週話の最後で出てきましたから、アレはそういうことでしょう。
序盤なので勝負が決まることはないのですが、やはり注目はフォークの完成度です。
富士ヶ丘戦も上本牧と似て投手対決が激しそうなので、新決め球がきっちり完成していれば勝てる可能性も高くなると思います。
それでは、次週でお会いしましょう!!



好きな漫画を無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料でヤングジャンプを読めます!
この機会にチェックしてみてください。

U-NEXTの無料お試しはこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

漫画も読める動画見放題サイト【U-NEXT<ユーネクスト>】とは?

BUNGOのネタバレ一覧

BUNGOのネタバレ一覧をこちらにまとめてあります。
BUNGOの最新話ネタバレ一覧!