ハイキュー!! 336話-337話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年2月4日発売日の少年ジャンプ2019年10号の最新話!
ハイキュー!!【第336話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
ハイキュー!! 335話 最新話のネタバレと感想!“楽しい”に夢中な木兎光太郎!追いかける桐生八!!譲らないエース対決――



ハイキュー!! 336話のネタバレ

最終セット、19対20――
1点リードしているが、このまま突き放したい梟谷。
木兎は強烈サーブを放ち、拾われるものの狢坂のトスを乱す。

乱れたトスだろうと狢坂のエース桐生は、きっちり威力の乗ったスパイクを打ちこむ。
ここに来て桐生の調子が上がってきていた。

対して梟谷。
何とか木兎が拾うとするが、拾ったのは小見だ。
これには木兎もそうだが、桐生すらも面食らう。

木兎には、彼の調子が上がると周囲の選手の調子を引っ張りあげるという不思議な力があった――
敵も味方も関係なく――

小見の拾ったボールは猿杙が木兎ばりのストレートを放ち更に1点をもぎ取る。
ここで狢坂が2回目のタイムアウトを取る。

狢坂は逆転に向けて選手各々が言葉を交わす。
彼らはまだ諦めていない。

対して梟谷は控え選手が褒め称える。
小見のレシーブにしろ、猿杙のスパイクにしろ、皆が木兎のようだ。
そんな中、木兎は赤葦に語りかける。

赤葦は己にできることを100%やりきることができる。
しかも何食わぬ顔で。

「試合で100%出すって皆ができる事じゃないよ」
だからこそ、木兎は赤葦にこういった。

試合は再開される――

湧き上がる木兎コールの中、当人木兎がサーブに入る。
彼がここで選択したのは強烈なジャンプサーブではなく、緩いサーブ。
想像していないボールに狢坂の選手一同は固まってしまい、何とか拾うもダイレクトで返してしまう。
そこを鷲尾が叩き落し更に1点追加。

3回目の木兎のサーブは、三度目の正直で拾われてしまい、1点を返される。

20対22――
ここで桐生のサーブがやってくる。
2点差というのはバレーにおいて、逆転できない点差には程遠い。
ここで獲るか獲られるかで勝負が決まる。

木兎が桐生のサーブを後ろに転がりながらもレシーブをあげる。
この時、赤葦は誰に託すのかを迷う。
しかし、彼の目には、ジャンプする木兎が映る。

――試合で100%を出すってカンタンじゃない――
――でもね赤葦…俺には120%をちょうだい――

木兎と赤葦の視線が交差するのだった――



ハイキュー!! 336話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

球技全般で言えることですが、攻守の入れ替えが頻繁に何度もあるスポーツでは一瞬の判断が重要ですよね。
そこをキッチリと見極める目と、反応できる体を作るって凄いことです。
私がやってきたスポーツは2つあって、1つが陸上です。
陸上は球技のような対戦競技ではないので、彼らの凄さが余計と分かりますし、素直に賞賛しちゃいます。
しかも、私…球技の才能が壊滅的なので……(笑)

337話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

次週ですが決着編の可能性大です。
25点先取したほうが勝ちですので、ストレートに行くとすれば数回のゲームで勝者が決まります。
そこで重要なのが今のゲーム。
最後に木兎が赤葦に120%を要求しましたが、これを決めれば彼らの勝ちになると思います。
木兎という人間は他人に120%を要求しておいて、自分が120%を出さないということは、ありえない。
現状、木兎にやられっぱなしの狢坂ですが、今まで以上の木兎を止めることは難しいと感じました。

アナタはどう思いますか!?
それでは、次週でお会いしましょう!!



好きな漫画を無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、週刊少年ジャンプが読めるFODがオススメです。

FODは1ヶ月の無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
この機会にチェックしてみてください。

FODの無料お試し登録はこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】とは?

ハイキュー!!のネタバレ一覧

ハイキュー!!のネタバレをこちらにまとめてあります。
ハイキュー!!の最新話ネタバレ一覧!