約束のネバーランド116話 最新話のネタバレと感想!

約束のネバーランド115話のあらすじ

約束のネバーランド116話のあらすじ

ハヤトの農園への潜入という提案を聞いて驚くエマ。
「農園に…潜入する?」
その表情と言葉には不安が込められていた。

それでもハヤトは続ける。
ここから西へ5km程行った所に量産農園があり、そこなら薬の種類も多く、クリスに必要な薬も見つかるというのだった。
更にハヤト達は、以前も物資を求めて潜入したことがあると告げる。

盗みに入った経験があると聞き、皆が一様に驚く。
そしてレイは何百人もの集団の生活物資をどうやって手に入れていたのかを悟っていた。

「行きましょう」
力強く提案するハヤトに皆は困惑気味である。
やはり、鬼の脅威を殆どの者が経験しており、そんな鬼の巣窟たる農園への潜入に尻込みしてしまうが、選べる選択肢がないのも事実だった。
「私が行く。連れて行って」
エマは選ぶしかないと分かっているのだろう。
ただし、より安全性と成功率を求め、盗むものは最小限にクリスの薬だけにして、少人数での機動力を求める。
それには薬に詳しい人物が必要だった。

ザックにお願いしようとするエマを遮る人がいた。
「待って、私に行かせて、エマ」
それはアンナであった。
戦闘行為には不慣れと言わざるを得ないアンナは、自分こそが誰よりもそれを理解していた。
農園に潜入する以上、残りの者はこの場所で帰りを待たなければならず、その間に鬼やラートリー家が襲ってくる可能性もある。
ならば、戦闘力が高く、薬の知識もあるザックやサンディはできるだけここに残しておかなければならない。
アンナはそんな風に自身を過小評価する。

しかし、ザックとアンディの見解は違う。
寧ろこの集団の中で薬に一番詳しいのはアンナであり、彼女こそ適任だと言う。
元々物覚えのいいアンナはエマ達を薬で助けるために、この一年半を誰よりも勉強してきたとバラす。
恥ずかしげなアンナをよそに、エマ、レイ、アンナ、ハヤトの四人で潜入することが決まる。
「行ってきます!」
クリスへ絶対薬を手に入れて戻ってくると無言の誓いをして出発するのだった。

農園の目の前に到着した四人は、作戦会議を行っていた。
この農園は低級の農園であり、鬼の数も少なく、警備は機械頼みで、音さえ出さなければ問題ないようだった。

ハヤトの案内で下水道を通って潜入を果たした一行は少し気を抜いていた。
もっとも、今までと同じならば、それでも問題はなかった。
だがハヤト達は知らない。
近頃農園からの盗難が増えており、警備を任されている鬼へ追加で見張りの仕事が与えられていたことを。

案の定、見張りの鬼に見つかってしまった。
エマやアンナを自動追尾型の監視カメラに映さないようにワザと離れた場所で、鬼に対して銃を乱射するレイ。
彼は自らを囮にしたのだった。

警報が鳴る通路を走り去るレイ。
「俺も行きます!薬を手に入れたら元来た道を戻って!」
そう言い残して、レイを追うハヤト。

彼らを見送ったアンナは不安な表情を浮かべエマの名を呼ぶ。
「行くよアンナ」
決して不安を見せないエマに勇気付けられたアンナは自身のやるべきことを思い出す。
(レイとハヤトが引きつけてくれている間に、私とエマでクリスの薬を探し出す!!)

約束のネバーランド116話の感想と考察

ということで農園へと潜入というか強盗に近い気がしますが、潜入したエマ達でした。
確かに当初の予定通りならば、エマの選択した小数で素早く、目的の物だけを手に入れて脱出するという選択は間違いなかったのでしょう。
しかし、何にでもイレギュラーは付きまとうものですが、まさかミネルヴァさん達が多くの農園を襲ったことで、それが逆に足を引っ張るとはエマ達の誰も予想できなかったでしょう。
果たしてエマ達は、戦力的に不利な中で薬を手に入れることはできるのでしょうか。

約束のネバーランドのネタバレ一覧

約束のネバーランドのネタバレをこちらにまとめてあります。
約束のネバーランドの最新話ネタバレ一覧!