アクタージュ 50話-51話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年1月28日発売日の少年ジャンプ2019年9号の最新話!
アクタージュ【第50話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
アクタージュ 49話 最新話のネタバレと感想!死ぬほど退屈だった阿良也に“役者”というモノを魅せる巌裕次郎!!



アクタージュ 50話のネタバレ

役者と演出家、その先にあるべき姿とは――

星アリサと出会った日、阿良也は真の役者を見た。
何故あそこまでの殺意を巌に向けるのか気になった彼は巌に直接聞くことにした。

今は見ることも少なくなった陸橋の下に作られた飲み屋で、阿良也は彼女が過去に巌の舞台に立ったことがある元女優と聞く。
元女優をキャスティングしようとしたことに呆れる阿良也。

「今の俺なら償えると思っちまったんだ…舞台の上で」
巌はその考えを傲慢と称した。

そのまま席を立つ巌に話は終わっていないと詰め寄る阿良也。
対して巌は酒も飲めないガキにこれ以上、話すことはないと告げる。

ムキになる阿良也は巌が飲んでいた残りを一気飲みする。

――何故、そうしたのか自分でもよくわからない――
――元々はあの女について知りたくて、ここに来たはずだった――

「酒ぐらい飲める!」
そう言った阿良也は崩れ落ちてしまう。

その時、彼は気付く。
いつも他人とは違う行動や思いを抱き、悲しい思いをしていた自分をスカウトした巌。
彼と過ごす日常の中で、女性は嫉妬するものだと理解した。
いや、女性だけじゃない。
今正に抱いている感情が嫉妬なのだと。

彼が役者になる決意をした瞬間だった。

役者になり、巌裕次郎という人間を自分の演技で魅了する。
そうすれば巌は自分だけを見ている。

独白すると同時に笑えてくる
嫉妬を“知った”今なら女の役も演じられそうだと思った。

――あの女と何があったのか、何を償いたかったのか、聞くのはやめた――
――俺があんたの一番になれさえすれば全部済むと思ったから――
――なのに…まだ…これからなのに――

時は現実へと回帰する――
彼の思いがカムパネルラに扮した巌の腕を掴む。

「いやだ」

嫉妬に突き動かされる阿良也を見る星アリサは悲痛な面持ちを浮かべる。

巌裕次郎は彼女にしたことを阿良也にもしてしまった。
彼の芝居は観客を魅了する芝居を超えた芝居。
それと引き換えにその感情に囚われる。

彼女はこうなると分かっていたからあの時言ったのだ。

「役者はやめておきなさい」

死への旅の終着点は何処にあるのか――



アクタージュ 50話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

演じることに囚われるってどういう心境なんでしょうね。
星アリサはそれが分かっているからこそ、役者達に対してあのような態度なのでしょう。
しかし、それでも演出家として未だに芝居に関わっている。
それこそが役者という者にある醍醐味なのか、それとも一種の警笛を鳴らす存在としてでしょうか。
舞台見て見たいなって尚更思いますね(笑)

51話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

さて、次週ですが舞台も終わりを迎えるようです。
星アリサが阿良也と同じ状況に陥った時、その場所には彼女一人しかいなかったのでしょう。
しかし、星アリサという防波堤を超えて深く深く潜る阿良也と同じ場所に夜凪という存在がいます。
しかも、彼女は1話目から芝居に囚われていても現実に戻ってきています。
危うかったですけどね…。
多分ですが彼女は阿良也に巌ではなく自分に嫉妬させるほどの演技をするでしょう。
その時阿良也は巌に対する執着から抜け出せると思います。

それでは、次週でお会いしましょう!!



好きな漫画を無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、週刊少年ジャンプが読めるFODがオススメです。

FODは1ヶ月の無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
この機会にチェックしてみてください。

FODの無料お試し登録はこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】とは?

アクタージュのネタバレ一覧

アクタージュのネタバレをこちらにまとめてあります。
アクタージュの最新話ネタバレ一覧!