ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 21話-22話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年2月1日発売日のヤングガンガン2019年No.4号の最新話!
ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン【第21話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 20話 最新話のネタバレと感想!“ゴブリンスレイヤー”という名の宿命!



ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 21話のネタバレ

その再会はいつも、互いの成長の後に――

散髪に挑戦する引きこもりの牛飼娘。
――ジャキン――
意を決して勢いよく切られる大量の髪。
上手く切れているかではなく、やり始めたのだからやりきるだけ。

幼馴染みの戦士を思い出す彼女。
彼も同じなのだろうと思う。

5年半という長い時間放置していたことを疑問に思うが、今気付いて軽くできるのだから、それで由とする。

ジョキジョキと何度もハサミを動かし何とか見れる程度の体裁を繕う。
その時、同居人であり幼馴染みであるゴブリンスレイヤーの足音がする。

彼との再会時にどんな顔をして会えばいいのか決めていなかった彼女は焦る。
何を言うか、どう言うか、悩むがそれは杞憂に終わる。

「あ……髪が…」
彼から先にそんな言葉が飛び出した。

照れくさそうに切ったことを告げる彼女。
勿論女性であり、乙女である彼女は気の効いた感想を求めるが、返ってくる答えは味気ない。
それも仕方ないと諦めた彼女は背を向ける。

「……悪くはない……と思うが」
彼からの精一杯の誉め言葉に満足する彼女。

彼女は続けざまに手料理を作ると提案する。
食べてくれるか不安でいっぱい。
いきなりの提案に当然のように場は静まり返り、暫し沈黙が支配する。
それが徐々に重くなりかける。

「……ああ」
言葉と共に首を小さく縦に振る彼。

彼女は嬉しそうに料理を始める。

料理だって5年半ぶり。
でも、これからやればいい、全部ひとつずつ。
掃除も、片付けも、洗濯も、牧場の手伝いだって、料理だってこれから何度も食べてもらおう。

「あ、そうだ…おかえりなさいっ」
決意した彼女は満面の笑みで第一歩を踏み出した。

決意した失意の引きこもり――
彼の存在が彼女の、その後の人生を変えた――

“幻想”と“真実”という神によって作られた平凡な戦士。
彼らとて、彼の行く末は分からない。
“宿命”と“偶然”のサイコロだけがソレを知る――



ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 21話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

今回は牛飼娘とのエピソードでしたね。
彼女は唯一ゴブリンスレイヤーのことを“君”や“彼”と呼ぶ。
そんな彼女との生活は“彼”も大切に思っています。
この先、今日のような日が何度となく繰り返されますが、そんな始まりの日でした。

22話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

次回は皆が知っている、あのヒロインが登場する!?
さて、それは誰でしょうか。
分からない人にヒントを出しましょう!!
①細身の綺麗な女性(ペチャパイ)
②弓術の達人
③彼のことを“オルクボルク”と呼ぶ

どうかな?
これならわかったよね!
それでは、次回でお会いしましょう!!



ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワンのネタバレ一覧

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワンのネタバレをこちらにまとめてあります。
ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワンの最新話ネタバレ一覧!