源君物語 331話-332話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年1月31日発売日のヤングジャンプ2019年9号の最新話!
源君物語【第331話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
源君物語 330話 最新話のネタバレと感想!デートに出掛ける光海と明石!紳士的な光海の態度にときめく明石夢告!?



源君物語 331話のネタバレ

光海と明石のデートから1週間後、お盆祭りが開催される。
多くの屋台が立並び、地元に住む人が大勢集まり、かなりの賑わいをみせる。
しかもカップル率がかなり高い。

そんな中をキョロキョロと辺りを見回しながら進む光海。
なんとか指定の場所にやってくると、そこには明石が待っていた。

そう、彼と彼女もデートにやってきたのだ。
しかも、いつもの洋服とは違い、祭りに相応しい浴衣着だった。

彼らがここいこれたのは、お盆祭りの日は滝行が休みだからだ。
理由としては、この地域に伝わる言い伝えとして、お盆に川に入ったら先祖に連れて行かれてしまうと明石は語る。

そんな話をしながら祭りを見て回っていると、「むっちゃん」と何度も明石のあだ名を呼ぶ人達がいた。
この街で育った明石だからこそ知り合いが多い。

祭りならではのチョコバナナや金魚すくいで楽しむ二人。
光海は明石と一緒にいることで、理由は分からないが和むのだった。

楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、最後のシメである花火の時間がやってくる。
花火の見える場所にシートを引いて座る二人。

その時、徐に明石が光海に「彼女はいるのか」と尋ねる。
勿論、彼には特定の相手はいない。

他にも夏休み後の予定なども聞かれるが、それも勿論の事、大学生活に戻るわけだ。

何やら周知の事実ばかり聞く、彼女の顔は寂しそうだった。

しばし沈黙が場を支配するが、明石は恐る恐る光海の袖をつまむ。
そして何かの言葉を呟くのだが、タイミングよく花火が破裂する音にかき消されてしまう。

「せ…せやから、ここいる間だけ…こ…恋人になってもらえません…か?」
返事のない光海に再度想いを告げる明石。

唐突で不意の告白に光海の答えは――



源君物語 331話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

花火がの中で告白とか、またベタですね~
だが、それがいい!(笑)
こういうシチュエーションでありそうで、あまりないですよね?
私も花火を見にいったことは何度かありますが、いつも家族とか…男友達とか…最後は一人とか……
アカーーン!言ってて悲しくなるから止めましょう!
さて、光海は何と答えるのか気になるところですが、それについては考察で言おうと思います。
それでは下へスクロール!

332話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

ということで考察していきますが、結論から言うと期間限定の恋人にはならないと思います。
そもそも『源君物語』の元ネタは題名からも分かるとおり源氏物語ですよね。
源氏物語がどういう話なのかは言うまでもないので割愛します。
凡そはそれに近い感じで進む訳でして、実際、光海既に十数人と関係を持っています。
その誰とも特定の関係にはなっていません。
ですので、今回もお断りすると思います。
ただし、それでもズルズルと関係を持つ流れになることこそ、彼がタラシである証拠でしょう!
それでは、次回でお会いしましょう!!



好きな漫画を無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料でヤングジャンプを読めます!
この機会にチェックしてみてください。

U-NEXTの無料お試しはこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

漫画も読める動画見放題サイト【U-NEXT<ユーネクスト>】とは?

源君物語のネタバレ一覧

源君物語のネタバレをこちらにまとめてあります。
源君物語の最新話ネタバレ一覧!