グラゼニ~パ・リーグ編~ 36話-37話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年1月31日発売日のモーニング2019年9号の最新話!
グラゼニ~パ・リーグ編~【第36話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
グラゼニ~パ・リーグ編~ 35話 最新話のネタバレと感想!プロこそ“精神論”――気づいた時には既に遅し!



グラゼニ~パ・リーグ編~ 36話のネタバレ

とある日のこと――
今日も今日とて2軍で練習する凡田と印西のもとにダーティー桜塚が訪れる。
どうやら前々から今日食事することが決まっていたようだ。

練習を切り上げ予定通りに食事へとやってきた二人。
会話は当然野球についてだ。

「また屍の上にたったな…」
ダーティーの言った言葉は印西の引退を指していた。
勿論彼は何も聞いていないが、長年プロを見続けており、チラっと練習風景を見ただけでそれを悟っていた。
彼は辞めていった投手を“屍”と評し、その上、印西の運を凡田が丸取りしたと話す。
地も涙もないように思えるがプロ野球という場所はそういう弱肉強食の世界だった。

しかし、凡田とて今回は生き残れたが、33歳という年齢であり、いつ屍になってもおかしくはない。
実際、凡田のピッチングは調子もよく、今は2軍の試合では殆ど点を取られることもない。
実力だけで見れば、一軍に上がっていても何らおかしくないのだ。
だが、何故か呼ばれない。

それは成績の思わしくない一軍が打開策として若手選手中心に起用し始めたことにある。
現状、投手から打者まで多くの若手が入ってきており、チームはそれを良しとしている。
そんな中で仮に凡田が一軍に上がってしまうとどうなるか。

汚い話ではあるが、勝てる試合でも強引に交代させられるか、もっと言えば勝てると分かった段階で早々に交代させられ、勝ち星を若手に奪われる可能性が高い。
更にここ最近の試合では終盤までもつれこむことが多く、勝ち星とはリリーフ投手にしかつかない。
であれば、今一軍に上がるのは得策ではない。

凡田を含め選手としては少しでも一軍で活躍したいと思うものだが、状況の悪い中で良いように使われるより、焦らず来シーズンまで待ったほうがいい。
それがプロであり、同時に3年契約でクビになることはなく、また給料も下がらない凡田が辿る道だと、人の悪い笑みで告げるのだった――



グラゼニ~パ・リーグ編~ 36話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

まあプロ野球は商売であり、選手は商品であり従業員です。
しかも身体を酷使するため選手生命が短い。
となれば、より良い環境と状況でプレーしたいと思って当然だし、自らの利益を考えるならそうすべきでしょう。
あくまでも、それだけの実力があればですけどね。
そして凡田にはソレがあると二軍で見せつけましたから、ここはダーティーの言葉に従ったほうがいいと私は思います。
もっとも、本人からすれば焦って当然でしょうが……。

37話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

ダーティーは最後に給料が下がることはないと言っています。
次週ではその根拠が明かされるのですが、一体何故でしょうか。

①それだけの力がある
これが一番妥当でしょうが、一軍で殆ど活躍していない凡田がそれほど期待されるでしょうか?
もしくはスカウトでも来ているとか?
うーん…どれもなさそう(笑)

②選手層の問題
若手が多い投手陣ですが、依然として結果は出ておらず、勝負勘というか経験が豊富にあるわけではありません。
来期こそ最下位を脱出したいチームは初っぱなこそ勝ちたいはず。
そこでは若手よりも力のある選手を優先します。
故に凡田を手元に置いておきたい?
なんか①と同じな気がします(笑)

野球にあまり詳しくない私ではこの程度ですね…。

それでは、次回でお会いしましょう!!



好きな漫画を無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料でモーニングを読めます!
この機会にチェックしてみてください。

U-NEXTの無料お試しはこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

漫画も読める動画見放題サイト【U-NEXT<ユーネクスト>】とは?

グラゼニ~パ・リーグ編~のネタバレ一覧

グラゼニ~パ・リーグ編~のネタバレ一覧をこちらにまとめてあります。
グラゼニ~パ・リーグ編~の最新話ネタバレ一覧!