七つの大罪 298話-299話 最新話のネタバレと考察!

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

2019年1月30日発売日の少年マガジン2019年9号の最新話!
七つの大罪【第298話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。
最後の考察まで読んでもらえると記事を書く励みになります!(๑`·ᴗ·´๑)

前回のあらすじ

前回のお話を読んでいない方はこちら↓↓↓
七つの大罪 297話 最新話のネタバレと感想!失意のエスカノールから“太陽”を受け取るマエル!?戦場ではリュドシエルが魅せる!!



七つの大罪 298話のネタバレ

リュドシエルのピンチを救ったマエル。
弟の登場にリュドシエルは涙を流し喜ぶ。

感動の再会もそこそこにマエルはゼルドリスに強きな交渉に出る。
メリオダスの魔神王化を諦め、ブリタニアから金輪際、手を引く事を条件に見逃すと告げる。

そこへ原初の魔神が襲いかかるが“太陽”という本来の力を取り戻したマエルの敵ではなかった。
持っていた小太陽を投げつけ、当たる直前で巨大化させ魔神を飲み込む。
“偉大なる太陽(グレイテスト・サン)”

強大な力を見せ付けるマエルだが、ゼルドリスは微動だにしない。
それは彼には攻撃魔力の一切が効かないからだ。
そして先ほどの脅しに対して、マーリンとリュドシエルへの攻撃を返答とする。

二人に迫る黒き斬撃は地を割り、リュドシエルの迎撃をものともしない。
遂にマーリンへ凶刃が届いてしまう――

「これが私たちの意志と覚悟よ」
マーリンを守ったのは彼、彼女ら盟友だった。

エリザベスはマーリンに禁呪の完成までどれぐらいかを聞く。
その時間は簡潔に五分と告げられる。

マエルは交渉の決裂と同時にゼルドリスに突撃する。
ゼルドリスの裏拳のような攻撃を絡め取り、地へと強烈に投げ落とす。

“凶星雲(オミノス・ネピュラ)”
ゼルドリスの引力がマエル諸共に七つの大罪をも引き付ける。
その力はマエルでも容易に抗えるものではない。
ゼルドリスは自らの剣で斬ろうとする。

だが、その時彼の剣先は溶けてなくなっていた。
これこそ、マエルの“太陽”という能力の真髄。

サンシャインとい呼ばれる力を体の内側に内包することで、ゼルドリスの攻撃を完全に封殺する。
五分を巡る戦いは苛烈を極める。

飛び道具も武器もなく単純に肉弾戦に移行する二人。
手数の多さで攻めるゼルドリスに対して、的確に防御し、隙を見て強力な一撃をくらわすマエル。
マエルの体術は処刑人ゼルドリスを圧倒するのだった――



七つの大罪 298話の感想

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

マエル強すぎ!そして変わらずイケメン!!
筋肉ムキムキのエスカノールみたいに、もっと変化すると思っていましたが殆ど変化ありませんでした。
まあ肩周りの筋肉が少し盛り上がった程度でしたね。
筋肉フェチには物足りない?(笑)
そして強さですが、やはり“太陽”という力は数ある能力の中でも最高ランクなのでしょう。
そもそも、太陽の熱という数字に表すと天文学的な桁になるほどのエネルギーですから当然ですよね!
次回も、マエルの奮闘に期待します!
それでは、次回でお会いしましょう!!

299話の考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

次週は【“すべてが凍り付く”】が副題です。
“凍る”という文字からマーリンの禁呪“時の棺(クロノ・コフィン)”が発動し時を“凍らす”つまり時間停止が発動するでしょう。
しかし、五分という時間は魔神王メリオダスの復活を防ぐには少しばかり遅く、禁呪を打ち破り復活するメリオダス。
それを見た全員が“凍りつく”のではないでしょうか。
副題があると誰でも予想できてしまうかもしれませんが、私の予想はこんな感じです!




好きな漫画を無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で週刊少年マガジンを読めます!
この機会にチェックしてみてください。

U-NEXTの無料お試しはこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

漫画も読める動画見放題サイト【U-NEXT<ユーネクスト>】とは?

七つの大罪のネタバレ一覧

七つの大罪のネタバレをこちらにまとめてあります。
七つの大罪の最新話ネタバレ一覧!