ハイキュー!! 335話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月28日発売日の少年ジャンプ2019年9号の最新話!
ハイキュー!!【第335話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

ハイキュー!! 334話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
ハイキュー!! 334話 最新話のネタバレと感想!復活した赤葦擁する梟谷は2セットを取る!!勝負は覚醒した木兎と限界突破した桐生の エース対決へと激化する!?



ハイキュー!! 335話のネタバレ

梟谷と狢坂の最終セットが始まる中、エース木兎は過去を思い出す。
彼がまだ幼い頃、こんな言葉を受けた。

「どうなれたら楽しいか考えて…“楽”じゃなく“楽しい”を考えて――」

その言葉通り、誰よりもバレーを楽しむ木兎についてこれる者はいなかった。

12対12――
好調だった木兎のボールがネットに阻まれ同点となる。

「疲れた…!バレーって疲れる…!!」
彼のバレー選手なら分かりきった言葉に爆笑する狢坂は攻勢に転ずる。

吹っ切れたエース桐生のボールはブロックを吹き飛ばす威力があった。
だが、それをきっちり拾うのが梟谷の猿杙だ。
当然ボールは木兎に託されるのだが、いい加減タイミングを掴んできた狢坂も3枚のブロックを以って木兎を止める。
しかし、それは木兎が狙って当てたものだった。
バレーのテクニックでリバウンドと呼ばれる高等技術だ。

それは赤葦が得意とするものだが、昔から得意という訳ではない。
最初は当てるのではなく、叩き落とされていた。

それを見た木兎は赤葦に教えてくれと頼み込んだ。
大雑把なプレーが目立つのに、細かいところにも興味を持つ木兎に意外だと思う赤葦。

確かに木兎はエースアタッカーとしてスパイクを決めると燃えるだろう。
でも、それだけじゃない。
幼い頃言われた“楽しい”とは何かを考え続けた彼。
彼なりの答えはスパイクだけじゃなく、レシーブも完璧に広い、サーブでもエースを取りたい。
ようはバレーに関わる全てのプレーで全部勝つことができたら“楽しい”だろうという答え。

木兎の言う「楽しい」はとてつもなく困難なモノだった。

19対19――
ここまで追いつき追い越されを続けてきた両チーム。
正しく一進一退の攻防と言える。

そんな中、木兎がまたもスパイク体勢に入る。
ブロックに向かう狢坂だが、それを嘲笑うかのように虚をつく山なりの緩いスパイクが決まる。
これには怒りを滲ませる狢坂と対照的に梟谷は声に出して笑う。

“楽しい”ということに夢中な木兎はここで強力なサーブを打つ。
それは狢坂のボールを大きく乱す。

なのだが、狢坂のエース桐生は乱れたトスにも構わず渾身の力でスパイクを放つ。
彼の頭の中には精一杯のプレーで木兎光太郎という人物に付いて行くことしかなかった――



ハイキュー!! 335話を含む週刊少年ジャンプを無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、週刊少年ジャンプが読めるFODがオススメです。

FODは1ヶ月の無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
この機会にチェックしてみてください。

FODの無料お試し登録はこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】とは?



ハイキュー!! 335話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

木兎って主人公らしい主人公っていつも感じます。
勿論、ヒナタだって主人公然としてますよ?
それでも私は木兎のほうに魅力を感じますね……

上手く言えないのですが、2人ともバカっぽいですが、ヒナタは分かっていないバカで、木兎は分かっているバカなんですよ。
え?分からない?

むぅ~~ならば、ヒナタは怖いもの知らずですが、木兎は怖いと知ってて怖いもの知らずなんです!
何となく分かります?(笑)
私としては同じタイプのヒナタと木兎を見たとき、木兎のほうが“深い”って思う訳です。
それがキャラ愛に繋がっているのかもしれません。

さて、次回は決着編でしょうか!?私は当然、木兎に賭けます!!
それでは、次回でお会いしましょう!!

ハイキュー!!のネタバレ一覧

ハイキュー!!のネタバレをこちらにまとめてあります。
ハイキュー!!の最新話ネタバレ一覧!