約束のネバーランド 120話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月28日発売日の少年ジャンプ2019年9号の最新話!
約束のネバーランド【第120話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

約束のネバーランド 119話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
約束のネバーランド 119話 最新話のネタバレと感想!再会する仲間達!ノーマンは彼らに“鬼”の真実を告げる!?



約束のネバーランド 120話のネタバレ

ノーマンと再会したエマ達は喜びをかみ締める。
その中で、レイだけはノーマンの真意を問うた。
対してノーマンの選択は、自らの真意の前に“鬼”という存在の真相を語る。

「人間を何故、食べるのか・・・いや、食べなければならないのか」
ノーマンの言葉は核心をついていた。

鬼という人間にとっての捕食者は、ヒトを食べなければあの姿や形を保てない。
“形のない怪物”
そうノーマンは評した。

原初の鬼は最早、誰も知らない。
恐らくだが“細菌”に似た何かだと推測される。
細菌は分裂によって数を増やすが、時たま“突然変異”もしくは“遺伝子の水平伝播”で進化や変貌を遂げる。

遺伝子の水平伝播とは、時に種の垣根を越えて遺伝子を取り込むことである。
鬼の進化もそれに酷似している。

食べたものの遺伝子を取り込み形質を受け継いできた。
例えば虫を食べれば虫のように、魚を食べれば魚に似た何かに。
それを繰り返す中で様々な形質を手に入れ、様々な形へと姿を変えていった。

そんな鬼があるときヒトを食べた。
それにより、ヒトに似た姿と高度な知能を得る。
それは、彼らが言葉や文化を手に入れることであり、本当の意味の進化となる。

ヒトに夢中になった鬼は、瞬く間に人間を超え、人間の天敵となる。

だが、ここで問題が起こる。
一生物であるのに驚異的な進化の速度、その代償は食べなければ退化するということ。
もっとも、全ての鬼が元に戻るとは限らない。
しかし、一度知った人間の味や知能の形質を失う事はできない。
故に鬼は、人間を食べ続けるのだ。

それこそが鬼の真実だった。

細菌という単純生物ではなく、複雑な生物と化してなおも、柔軟な遺伝子の組み替えが起こる。
それは正に脅威と言える存在だ。
しかし、対策は分かりきっている。
彼らの食事の元である農園を潰せばいい。
そうすれば野良鬼のように知能が低い存在に退化する。

そして、その為の力はある。
ザジやハヤト達には人間離れした力がある。
それはノーマンがいた試験農園Λ(ラダム)7214での投薬と実験の賜物。
言うなれば、鬼は自らを滅ぼす力を人間に与えたことになる。

ノーマンの目的とは鬼を全滅させ、エマがいつか言ったように人間の世界に逃げるのではなく楽園という名の全ての人間が笑って暮らせる世界を作ること。
「大人になれない世界(ネバーランド)はもう終わり」
そうエマに提案するのだが、果たしてエマの答えは如何に――



約束のネバーランド 120話を含む週刊少年ジャンプを無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、週刊少年ジャンプが読めるFODがオススメです。

FODは1ヶ月の無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
この機会にチェックしてみてください。

FODの無料お試し登録はこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】とは?



約束のネバーランド 120話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

前回はノーマンの正体に悶死した私ですが、今回は元気ですよ!!
何故なら凡そ期待を通りの流れだからです!
えっ?ナニナニ…前回そんな話してなかっただろう…って?ハハハッ…知らんな!

私は前回で味をしめたのだ!
鬼のように進化した!
「私もそう思っていたんだ!」と言ったもの勝ちという事実にね!」
うへへ~~これからは何でもそう言ってやるからな~~

ということで、まだ前回のショックから立ち直っていないので失礼しようと思います。
次回こそ必ずちゃんとした感想を書けるようにしたいと思います!進化の名にかけて!!
それでは、次回でお会いしましょう!!

約束のネバーランドのネタバレ一覧

約束のネバーランドのネタバレをこちらにまとめてあります。
約束のネバーランドの最新話ネタバレ一覧!