鬼滅の刃 143話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月28日発売日の少年ジャンプ2019年9号の最新話!
鬼滅の刃【第143話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

鬼滅の刃 142話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
鬼滅の刃 142話 最新話のネタバレと感想!神童と崇められた鬼が遂に逝く!?想いを乗せた一撃!!



鬼滅の刃 143話のネタバレ

満身創痍ながら姉の想いを乗せた渾身の一撃を放った胡蝶しのぶ。
鋭い刃の切っ先が童磨の首を貫くその一瞬の間に、しのぶは幼き過去を見ていた。

幼い胡蝶姉妹は両親と楽しく暮らしていたが、幸せな日々は鬼の凶行により呆気なく終わりを迎えた。
両親の骸の傍で姉妹は抱き合い、必死に恐怖に耐える。
惨劇の中を姉妹は悲鳴嶼行冥によって救われた。
彼の背中を見た時、姉妹は決意する。

――自分達と同じ思いをさせないため、一体でも多くの鬼を倒そうと姉と約束した――

しのぶは、誰よりも自分の力の無さを理解していた。
力は弱く、鬼の頚は斬れない。
それでも、一体の鬼を倒せば何十人の、それが上弦ならば何百人の幸せを守れる。
“できるできない”ではなく“やらなきゃならない”

彼女の思いが溢れると同時に、童磨の首を貫いた切っ先が抜ける。

「怒っていますか?」
炭治郎がいつぞやに言った言葉。

その通りだった。
しのぶは、今の今まで怒り続けてきた。
親が殺され、姉が殺され、カナヲ以外の継子が殺された。
幼い子供達も親を殺されなければ幸せに暮らしていた。

――ほんと頭にくる――
――ふざけるな馬鹿――

刃が届かないという事実が許せなかった。
なのに、馬鹿野郎と罵ることしかできなかった。

無残にも地へと落ち行くしのぶを童磨が抱き止める。
“えらい”、“よく頑張った”と褒め、“感動した”と彼女の健気な行為を労う。
姉より劣る才で鬼と戦い続けた…その全てが無駄だというのにやり抜く“愚かさ”
それこそが人間の“儚さ”と“素晴らしさ”

「君は俺が喰うに相応しい人だ…言い残すことはあるかい?」

泣きながら語る童磨という鬼の言葉に血を吐きながら返すしのぶ。

「地獄に堕ちろ」
しのぶが最後の言葉を呟くと同時に扉が強く開け放たれる。
そこにはしのぶを必死に呼びかけるカナヲがいた。
しのぶは本当に最後の言葉として指文字を贈る。

――ゴキッ――
何かが砕けるような音ともに剣を落とすしのぶ。
激昂するカナヲをよそに童磨はしのぶの身体を自らの身体に吸収し始めるのだった。

その頃、善逸もまた因縁深い相手との戦いが始まろうとしていた。
上弦の鬼、獪岳という兄弟子と――



鬼滅の刃 143話を含む週刊少年ジャンプを無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、週刊少年ジャンプが読めるFODがオススメです。

FODは1ヶ月の無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
この機会にチェックしてみてください。

FODの無料お試し登録はこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】とは?




鬼滅の刃 143話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

最初に言っておきます…今日の感想は完全私情なので気分を害する場合があります。
それでも良ければで、お願いします。

「ふ・ざ・け・る・なーーーーー」
って叫んじゃいました。
いやいや、本当にありえないでしょ!?
傷も傷だし、助からないとは私も思っていましたよ?
ですけど、今回のはないでしょ!!
なんで無駄死にさせたし!
しかも、その上新たな犠牲者になるかもしれないカナヲを登場させるなよ!
てかボカしてよ…吸収されたら死が確定するでしょ!
せめて相討ちじゃないですか?姉の想いの突きは防がれても、姉の仇を自らの力で討って、自分も力尽きる。
それじゃあダメだったんですか?
大嫌いな鬼に吸収される輪廻から外れる必要がありますか?
ありえない…ホント理解できない…ごめんなさい………

鬼滅の刃のネタバレ一覧

鬼滅の刃のネタバレをこちらにまとめてあります。
鬼滅の刃の最新話ネタバレ一覧!