Be Blues!~青になれ~ 363話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月23日発売日の少年サンデー2019年8号の最新話!
Be Blues!~青になれ~【第363話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

Be Blues!~青になれ~ 362話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
Be Blues!~青になれ~ 362話 最新話のネタバレと感想!同点ゴールを決めた龍!試合の行方は次の1点に委ねられる!?



Be Blues!~青になれ~ 363話のネタバレ

勝ち越しのスーパーシュートを決める立彦に対抗し、スーパーフリーキックを決めて同点にする龍。
試合終盤、2対2という中、桜庭が最後の1点を決めると豪語する。

赤西のマークを振り切り前でる桜庭へ龍のスルーパスが渡る。
しかし、萩本が即座にカバーに入る。

「ブチ抜くぞ!!」
気合十分の桜庭がしかける。
一瞬の隙をつき、萩本の股の間をボールが抜けていく。
宣言通りに抜き去った桜庭。

と、思われた瞬間萩本が後ろ足をボールに引っ掛ける。
軌道がズレたボールを追いかけていた赤西がキーパーへ向かって緩く蹴る。
桜庭のドリブル突破は寸でのところで止められるのだった。

レッズユースのGKは受け取ったボールを前線へとロングボールを蹴る。
カウンターが武蒼を襲う中、必死に陣地へと戻る武蒼選手達。

そんな中、ゴール前で荒く息をする桜庭は萩本の背中を凝視していた。

「勝ったと思うなよ…」
悔しさからか、敵意を剥き出しにする桜庭。
まだ勝負はついていないと、何が何でも勝つと語るのだった。

ボールは武蒼のコートで立彦へと渡る。
危険な位置でエースストライカーに渡ったことに危機感を持つ武蒼。

「そいつをさっさと止めて、もいっかい俺様に預けろォ!俺が決めてやる!!」
桜庭の咆哮がピッチ全体に響き渡る。

対して、そんな時は訪れない、いや、俺がさせない。
そう言いたげな瞳を立彦が武蒼ゴールへ向ける。
それはシュートの合図でもあり、身構えるナベケンとシュートコースを防ごうとする武蒼イレブンの面々。

しかし、それはシュートではなく走り寄る三石へのアシストパスだった。
武蒼は誰もが立彦を意識して動いていたため、三石にフリーでシュートを打たせしまった。

だが、決まらない。
意表を突かれて尚、反応するナベケン。
既に2点を奪われている守護神が気迫のスーパーセーブを見せる。
そこへ龍がボールを要求する。

勝負の行方は次のプレーに委ねられるのだった――



Be Blues!~青になれ~ 363話を含む週刊少年サンデーを無料ですぐに読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で週刊少年サンデーを読めます!
この機会にチェックしてみてください。

U-NEXTの無料お試しはこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

漫画も読める動画見放題サイト【U-NEXT<ユーネクスト>】とは?



Be Blues!~青になれ~ 363話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

相変わらず傲慢というかプライド高い桜庭くんでしたね。
彼はやはり立彦を意識しまくりですね…まあ立彦だけじゃなくて龍にも同じですけど。
そういうところが何処となく三石に似ていると感じさせます。
ですが、あくまでも“似ている”であって同じではありません。

何が言いたいかというと、彼は傲慢かもしれませんが、それは自分がサッカーで1番になりたいという純粋な思いに見えるのです。
対して三石くんは立彦の相方として認められたいという欲求から龍を意識しています。
サッカーに対してどちらが純粋かは言うまでもないと思います。

それでは、次回でお会いしましょう!!

Be Blues!~青になれ~のネタバレ一覧

Be Blues!~青になれ~のネタバレをこちらにまとめてあります。
Be Blues!~青になれ~の最新話ネタバレ一覧!